最近のトラックバック

 

« その長さ、強烈につき | メイン | 絹の様なビブラート »

2005年2月25日 (金)

別れの二乗

本日を持って、アシスタントのS川ちゃんが退職。半年という短い期間だったけど、みんなから頼まれる仕事を頑張ってやってくれました。独特のS川語録で周囲を和ませる、という得意技もありましたね。寂しくなるんだけど、うちの会社を卒業しても元気でやってほしいと思います。お別れに定期演奏会のチケットを2枚あげました。彼女、昔楽器を吹いてたそうですから。

お別れの挨拶が終わったところで、仕事に戻ってもくもく作業。Excelを使っての集計で、IF文を使っての判定がややこしくて難儀しました。途中で話しかけられても、返事をしたらわからなくなりそうでしたから。

終わりが見えたところに、高校の吹奏楽の先輩、M川先輩から携帯に着信。「銀杏が閉店するって知っとった?」との声に、驚きを隠せませんでした。まさに初耳、青天の霹靂。しばらく行ってなかったら、そんなことに。こっちが会社出られそうな時間に迎えに来てもらえそうなので、待ち合わせて行くことになりました。常連さんが最後につめかけてて入れないかもね、と言いながら入ってみると、なんとかカウンターに席がありました。大将も女将さんもいらっしゃいます。挨拶もそこそこに、刺し盛りなどの料理と飲み物を注文。最後のせいか、もともと美味しいのに涙がでるくらいに美味しく感じました。胃が本調子でないのに、よく食べましたよ。本当はここに吹奏楽の先輩である、O内先輩もいるべきところですが、仕事で福岡にいないらしく、来られないとのことでした。よく連れてきてもらいましたからね。あ、キープの焼酎から少しいただきました。

店をでるときに、今度は飲みにいきましょうねという話に。今まではカウンターの中と外、同じ立場で飲むというのもよいでしょうね。落ち着いたら是非にですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818274

別れの二乗を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓