« アートをたずねる月2005-その11 | メイン | アートをたずねる月2005-その13 »

2005年10月29日 (土)

アートをたずねる月2005-その12

10月最後の土曜日、出かけてみました。

065:ラントマンショップ/ラントマンの仕事
お勧めしてくださる方が多かった、ラントマンショップ。壱岐丘中学校から入った道をひたすら進むも、到着する気配がない。人がいたので車をとめて尋ねてみると、もう少し先だという。略地図だと距離感がつかめないのがつらいところです。

中に入ると、意外に部屋がたくさんあって、オーダーメイドの家具や木工製品、アンティークなどの雑貨、布製品など色々取り扱っていました。静かで落ち着いた場所なので、ぼ~っと商品を眺めるのもいい感じです。

長居するつもりはなかったのに、ついついお店の方とおしゃべり。アートをたずねる月で押してもらったスタンプの数に驚かれ、行ったところのことを話していたら、よく覚えていると感心されました。確かに、50箇所回っているんだから、我ながらよく覚えている。先日から言っている地域雑誌のことを話したら、面白がってくれたし、是非やってくださいよと言われてしまいました。「名前からしても、やったらいいですよ」と言われると、それっぽい名前かもと思えてきます。

066:atelier toki 朱雀(アトリエ トキ 朱雀)/月・つき展
やっと探し当てた、と思ったらなんとお休みでがっかりです。

069:木彫・博文/木の彫刻
地図を見てもわかりにくそうだった場所。近くまでは行ったと思うのですが、時間の都合もあって探すのを断念。

068:ろうそく工房クレアーレ/キャンドルの点灯展示
手作りのろうそくを展示販売しているろうそく工房クレアーレ。DECOでお会いした方がよかったと言っていたのもあって、まわってみました。様々な形のキャンドル、そのままで形を眺めるのもいいけれど、火をつけるとまた違った表情が見えて面白い。中心は溶けても周辺が溶けにくいのでろうの充填ができるものも。薄暗い店内でほのかな灯りを見るのもいいものです。

067:ハーブガーデンプティール倶楽部 伊都国/散歩の途中
看板も出ていて比較的見つけやすかったハーブガーデンプティール倶楽部 伊都国。先にここでお昼をとってもよかった気がする。着いたところで、ハーブガーデンから戻って来る店長さんとおぼしき男性と会って、冊子を見せてくれるよう頼まれました。これだけスタンプが押されていたら、見たくなるかも。

レストランの中に、今の期間はフェルトアートが展示されていました。常時取り扱っているハーブを使ったものが展示されていたり、スペースは明るく開放的。ハーブティーをいただいてから帰りました。

夜は市民吹奏楽団の集まり。みんなで、よく飲み、よく食べ、よく喋りました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818516

アートをたずねる月2005-その12を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓