« 2005年9月 | メイン | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月17日 (月)

アートをたずねる月2005-その5

まだまだ続いてます。アートをたずねる月を巡る旅。

038:望雲/「+かん+カン」
以前から存在は知っていたこのギャラリー望雲。古い住居ビルの一室。人によっては扉を開けるのに勇気がいるかもしれません。僕の場合躊躇せずに開けてしまいました。中を見てびっくり、畳の間です。想像と違って驚きつつ、靴を脱いであがりました。和の空間に、控えめに展示してある缶や輪。古いもので、元々は違う役割を果たしていたものが立派にオブジェになっています。

続きを読む »

2005年10月15日 (土)

《シティ情報Fukuoka》プレ創刊号配布、そして終わらない一日

20051015-01.jpg

前日にプランニング秀巧社に顔を出したとき、S苗さんから「明日12時頃から福岡駅コンコースでやりようけん、よろしく」と言われたので、手伝って参りましたよ、プレ創刊号の配布を。

続きを読む »

2005年10月14日 (金)

アートをたずねる月2005-その4

20051014-01.jpg

カーナビのアンテナの接触が悪く、出発するときになってあたふた。着脱式のやつなので、普段は外しているのです。しばらく格闘してなんとかGPSを受信したのでスタート。

まずは、アートをたずねる月とは関連がないのですが、間瀬 恵美さんの「Halloween Lamp展」を見に東油山へ。展示会場のアトリエから離れた駐車場に車を停めると、送迎車が準備してありました。前回はあったかな?

会場に着くと、平日にも関わらず賑わっていました。間瀬さんは、「今日と明日だけだからですよ」と謙遜されていましたが、人気が定着しているからだと思います。

続きを読む »

2005年10月13日 (木)

アートをたずねる月2005-その3

20051013-01.jpg

本日も行って参りました。

久々に西鉄天神大牟田線に乗り来んで、高宮駅で下車。駅近くのスポットを目指します。

続きを読む »

シティ情報ふくおか・プレ創刊号

ようやく明日10/14(金)の配布内容が明らかになりました。

Fukuokaナビのトップ画面左側、シティ情報ふくおかO(オー!)のpick upをクリック。

10/15(土)も配布があるし、書店やチケットぴあ、各スポットに設置もするそうですよ。

2005年10月12日 (水)

アートをたずねる月2005-その2

家にじっとしていたくない。週末は予定がいろいろ。こんな時はアートをたずねる月。

も少し早く起きたかったけど、ちょっとのんびり車で出発。行きがけは高速を使って行くことにしました。

077:無法松酒造 蔵元店/~Sylphyを探しに~クロニャックとクレイマン展
前回も訪れた無法松酒造さん、スムーズにたどりつくことができました。昨年に引き続き、だけど新しいレイアウトで人形の展示。そして注目は波佐見焼の食器。茶碗、湯のみ、マグカップなど素敵なアイテムが揃ってます。「孫へのプレゼントに」と買って行かれる方も多いとか。たしかに、プレゼントにもよさそう。今、プレゼントを考えていたら、絶対買ってますね、これは。

お店の人と話がはずんで、ついつい長居。お茶までいただいてしまいました。アートをたずねる月の、北九州地区案内図をもらって、アン・プティ・スターとcreamへ行くことを勧められました。

続きを読む »

2005年10月10日 (月)

福岡フローリッシュブラス第5回定期演奏会 終了!

九州唯一の英国式金管バンド・福岡フローリッシュブラスの定期演奏会が、無事に終了しました。ご来場の皆様ありがとうございます。

昨年ソロ・コルネットパートで初参加して、今回は2度目となります。福津市民吹奏楽団のオータムコンサートの関係であまり練習ができず、3rdコルネットのパートを担当しました。

■ソロ・コルネット:主にメロディーを担当。細かい連符が多く、休みも少ない。吹奏楽でいうとクラリネット的な役割。
■3rdコルネット:伴奏やファンファーレ的な役割が多い。休みもほどほどにあるが、音量を要求される

座っている場所も、楽譜上の役割も全然違うのです。

昨年のソロ・コルネットの楽譜は連符を追いかけるのに夢中で余裕がなかったのですが、今年の3rdコルネットの楽譜では自分のミスにすぐ気がついて焦りまくりでした。

伴奏でリズムをきざんでいてどこを吹いているかわからなくなったり、入るところを間違えて飛び込んだり、メロディーパートと違う難しさがありました。目立ってなければいいのですが。ひな壇にのって一段高いせいか、吹いていて音が響きやすい気はしましたね。

続きを読む »

2005年10月 9日 (日)

明日10/10も演奏会出演

先週、福津市民吹奏楽団のオータムコンサートが終わったばかりだけれども、またも演奏会に出演するのです。わくわくして、なかなか他のことが手につきません。団友という立場で参加するのに、第二部では目立つ場面も仰せつかっております。

お世話になっている転職エージェントの皆さん、就職活動に身が入らずごめんなさい。

福岡フローリッシュブラス 第5回定期演奏会
【日時】2005年10月10日(月・祝) 開場13:30 開演14:00
【会場】ももちパレス
【入場料】無料
【プログラム】オリエント急行(P.スパーク)
ブレンハイム・フローリッシュ(J.カーナウ)
スリップストリーム(P.スパーク)
オペラ座の怪人より(A.L.ウェバー)
ディオゲネス(J.ハーン) 他
【指揮】石橋正博
【URL】http://orchestra.musicinfo.co.jp/~flourish/

九州で唯一の、英国式金管バンドというスタイルで活動を行っている団体です。
(日本では吹奏楽のことをブラスバンドと呼ぶ事が多いですが、本来のブラスバンドは英国式金管バンドのほうです。区別するために、「ブリティッシュスタイルのブラスバンド」と言うこともあります)

英国式金管バンドの哀愁を帯びた切ない響きは、吹奏楽ともまた違ってよいものです。なかなか耳にする機会も少ないと思いますので、予定が決まっていない人も、近くに用事がある人も、是非ご来場ください。

聴きに行く事は出来ないけど、英国式金管バンドのサウンドを聴いてみたくなったら、Band Power のHPが解説もあって便利と思います。

2005年10月 8日 (土)

「アートをたずねる月」で検索すると

20051018-01.jpg

Googleを使って「アートをたずねる月」で検索を行なうと、なんと2番目に表示されているじゃないですか。なんだか嬉しい事です。個人的にはすごいことと思いたいのですが、いかがでしょう?

試しにyahoo!で検索すると、こちらはトップ。書き方を特に工夫をしているわけでないのにこの結果は素晴らしい。頑張って書いている甲斐があるというものです。

他に結果があってもいいのに変だなと思って、「たずねる」を漢字にしてみるとそれでひっかかるサイトもありました。

「アートを訪ねる月」
「アートを尋ねる月」

残念ながら表記が違ってます。よりたくさんの情報が検索できるように、名称は正しいほうがいいと思いますので、気がついたサイトの方はよろしくお願いしますね。

2005年10月 6日 (木)

アートをたずねる月2005-その1

家にじっとしていても、何も始まらない。なんでもいいから外にでようと行ってきました。

スタートは、昨年と同じくFTスカラから。

001:FTスカラ3F(福岡トヨタビル) 望月菊磨展 球形の地平シリーズ「あいまいな記憶」&メタルドローイング
鑑賞する機会の少ない造形物です。主に真鍮を素材とした作品群。真鍮板を、切ったり傷つけたり様々な技法で絵のように仕上げています。金属加工の手法であんな表現ができるとは!壁にかけられたそれらと対照的に、中央には立体のものが数多く展示されています。それぞれが台座の上にあって、ぐるっと周囲から見る事ができるようになっていて、思いの他時間がかかってしまいました。最後のほうになって、こんな加工があるのか、と気がつき元に戻って見てみたり。

続きを読む »

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓