« 年末の雰囲気 | メイン | 年末恒例Part1 »

2005年12月29日 (木)

DVDが焼けない

症状)
・DVDが焼けない
・DVDのリッピングまでは出来るけど、焼こうとしたらディスクを認識しない

原因)
PCの内臓ドライブが、DVDコンボドライブだった

後輩に相談を受けていろいろアドバイスしたら、なんのことはないDVDを読むことができても、書き込めないドライブだったのです。ドライブとメディアにはご注意。

DVDドライブの種類を調べてみました。

DVDコンボドライブ:DVD-ROMの読み込みに対応
DVDマルチドライブ:DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMの読み書きに対応
DVDスーパーマルチドライブ:DVD-R、DVD-RW、DVD-RAMに加えて、DVD+R、DVD+RWの読み書きに対応
DVDハイパーマルチドライブ:DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD+R、DVD+RWに加えて、DVD-R for DL、DVD+R DLの読み書きに対応

※CD-ROMの読み込み、CD-R・CD-RWの読み書き、DVD-ROMの読み込みには全て対応しています。

メディアの種類も調べてみました。

CD-ROM(Compact Disk Read Only Memory):読み出し専用のディスク。使うことはあっても、家庭で作ることはないですね。
CD-R(Compact Disk Recordable):データを一度だけ書き込めるディスク。容量に空きがあれば「追記」といってさらに書き込みも可能(追記に対応していないソフトもあります)
CD-RW(Compact Disk ReWritable):データを何度も書き込んだり消したりできるディスク
DVD-ROM(Digital Versatile Disk Read Only Memory):読み出し専用のディスク。
DVD-RAM(Digital Versatile Disk Random Access Memory):書き込み、消去が自由にできるディスク。使い勝手はフロッピーディスクやMOのよう。カートリッジに入っているものと、そうでないものがあります。
DVD-R(Digital Versatile Disk Recordable):データを一度だけ書き込めるDVDディスク
DVD-RW(Digital Versatile Disk Re-Writable):書き換えが可能なDVDディスク
DVD+R:DVD-Rの別規格
DVD+RW:DVD-RWの別規格
DVD-R for DL:DLはDual Layer(Double Layer?)の略で、片面2層という意味です。容量が片面1層のものより大きい
DVD+R DL:DLはDual Layer(Double Layer?)の略で、片面2層という意味です。容量が片面1層のものより大きい

電気店のチラシなどでは、省略して表記されている場合も多いのでわかると便利です。
CD-R/RW:CD-RとCD-RW
DVD-RAM/R/RW:DVD-RAMとDVD-RとDVD-RW
DVD±R/RW:DVD-RとDVD-RWとDVD+RとDVD+RW

細かいところまで書き始めたらきりがないので、かなり大雑把に書いてみました。不安に感じたら、迷わず相談ですよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818598

DVDが焼けないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓