« 素敵にランチ | メイン | 街頭クリスマスコンサート »

2005年12月17日 (土)

過酷な条件での演奏

20051217_01.JPG

6:30に起床、7:30に雁ノ巣レクレーションセンターへ集合。少年ソフトボール大会の開会式で演奏するためです。

いつも演奏を行なう球場の駐車場に行くと、今回は場所が違いました。しかも、今日の球場は駐車場から距離があるので楽器運びも一苦労。スタンドがある球場ではないので、吹きっさらしの場所でもありました。

この日の最高気温6.9℃、最低気温3.6℃、風速6m/s。譜面台はばたばた倒れるし、油断すると楽譜が宙を舞い場外ホームラン。砂埃のために、楽器やケース、かばん類は砂だらけ。コンタクトを使用している人は目もあけられません。

さくっと演奏を終わらせて撤収。市民吹奏楽団始まって以来の厳しいコンディションでの本番となりました。1月にも予定があるのですが、いったいどうなることやら。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818586

過酷な条件での演奏を参照しているブログ:

コメント

(゜д゜)・・・オツカレサマデス

管の動きも鈍くなりそうですね

フルートの人は息が邪魔されて音が出にくくなるし、演奏するにはよくない状況だったよ。みんな顔がこわばってたし。

おかげさまで風邪ひきました。アンコンは聴きにいったけど・・・

toneさん、お大事に。

完全防備な姿がアップされるとは思いませなんだ…(笑)

ま、よい思い出です。

けいこさん、一番寒さが感じられるショットを選んでみたのでした。

たしかに、思い出に残りますよね。

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓