« 空は晴れたが、気分は? | メイン | お久しぶりのランチ »

2006年1月23日 (月)

北風と太陽

ハローワークへ。まだ気持ちの整理がつかないので、相談に行ってみたのです。

対応してくれたのは、穏やかな雰囲気の女性職員。静かに話を聞いて、優しい口調で語りかけてくれます。人材紹介会社のことは置いといて、冷静に判断をするほうがいいですよとのこと。悪い話ではなさそうだし、違ったときはまたやり直すという考え方もできる。

だいぶ前向きに考えられるようになってきました。水曜日にもう一社の二次面接があるので、それも一応うけてみることを勧められました。内なるベクトルを変えるのに、外的な力を利用する手です。いい提案ですね。やってみましょう。

こういう穏やかな、太陽のように温かい人だと、素直に聞くことができるんですよ。これがバリバリで押せ押せの人が相手だと、身構えてしまう。そう、北風に吹かれた人のようにね。

五行占いによると、僕は陰火だそうです。シティ情報ふくおかのマッチマッチ占いでは、ナカス星人てやつね。陰は陽に惹かれるものという話もありますから。

車検のため、デミオをディーラーに持ち込みました。用意してもらった代車は、やはりデミオ。たまには、違う車も運転してみたかったような。ステアリングにオーディオコントロールがついているくらいで、ほぼ同仕様のようです。少しタバコ臭いのが気になりますが。

代車にのって、そのまま街の珈琲屋さんへ。マスターが、アドリブという雑誌を見せてくれました。上田正樹さんが載っているから購入したそうですが、他にもいいアーティストがたくさんとりあげられています。広告、インタビュー、レコ評、ライブレポート…。同じアーティストが複数ページに出ているのはご愛嬌てやつか。記事書くほうも、同じ号にそのアーティストの記事が複数掲載だと書きづらそうですけど。

その号に掲載のアーティストで、マスターが気になるというnoon。中学生の時にハリー・コニックJr.の歌をCMで耳にして、ジャズに目覚めたという。ハリー・コニックJr.といえば、映画メンフィス・ベルで「ダニーボーイ」を歌ってましたね。ちなみにCM曲は、サントリー・リザーブで使用された「We Are In Love」ではないでしょうか。

市原ひかり矢野沙織といった、若手女性ジャズプレイヤーも載ってましたよ。渋いところでは、伊藤銀次&杉真理、因幡 晃などの顔ぶれも。もちろん、日本だけでなく海外アーティストのことも多数。興味深い雑誌です。

H田しゅうちゃんが来たので、閉店時間までそのままおしゃべり。長居してしまいました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818638

北風と太陽を参照しているブログ:

» 転職サービスと毎日 (転職サイト利用作戦)
ハローワークで失敗した人も多いと思いますが、最近ではもっと積極的な方法も増えていますね。日夜調査を続けている [続きを読む]

» ハローワーク (ハローワーク)
ハローワーク [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓