« スペシャリスト | メイン | いざ、国東へ »

2006年4月29日 (土)

フットワークの軽い一日

20060429_01.JPG

待ちに待ったライヴ当日。天神に出かけたついでに、いろいろ寄り道。

まずは、P社の元アシスタント・MAKKISさんのところへ。普段は料理教室をされているのですが、4月27日(木)~30日(日)の期間に、『FRANCE FAIR』と称してカフェ&フランス雑貨をやっていたのでした。なかなか遊びに行く機会がなかったので、顔を出してみました。

なかなかの盛況ぶりで、テーブルはほぼ一杯。雑貨類もかわいく飾られていました。目についたリプトン紅茶。フランスで発売されていて、日本には入って来ていないフレーバーが。

なんでも、エレファント社と一緒になったそうで、パッケージにも象のマークが!なかには、紅茶なのにコーヒーフレーバーの風変わりなものも。

忙しそうにしているMAKKISさん。仕事の相談をされたらなかなか断れないし、今やってみなくてはと相当頑張っているようです。昔の仕事仲間が活躍していることを聞くと、嬉しいものです。

そのままの流れで、同じビルにあるギャラリー望雲へ。4/27(木)~5/9(火)開催の「ロール・デュ・ファイイ デッサンと水彩画展」のDMが届いていたので、足を運ぶことにしたのでした。フランス在住のイラストレーターさんの展示がなぜ?と思ったら、福岡の風景を描いた作品が結構あるのでした。ここでの展示の後は、5/20(土)~31(水)に九州日仏学館5Fギャラリーでも展示をされるそうです。

そろそろ帰ろうとしたら、昨年10月のアートをたずねる月の時にお会いしたスタッフの方がいらっしゃいました。ちゃんと覚えてくれていたようです。無事に就職できたことも報告。前回はなかった、モンカフェのように手軽に入れられるオリジナルコーヒーを紹介されたので、思わず購入。会社で飲むのに丁度良さそう。

いよいよ、赤坂のDREAM BOATへ移動。今日のメインイベント、加藤いづみさんのライヴへ。

17:30会場で、整理番号順に並ぶのでちょっと早めに行ってみたのに、早すぎたのか全然並んでいません。67番だったからそんなに前じゃないし、いったん建物の外に出て待っていました。ビルの下で待っていると、突然ビルから出て来たいづみさん本人。リハを終えて、ちょっと出て来たようですが、咄嗟のことに「こんにちは」くらいしか言葉が出ず。「後ほど~」と言い残して、いづみさんは去って行かれました。

開場10分前くらいにぞろぞろ人が集まって、時間通りに入場開始。前のほうはとれなかったので、入り口入ってすぐ左のテーブルの所に座りました。ここなら、一段高くなっていて、前の人の頭を気にせずに見ることができるのです。ついでに、出入りするドアの近くでもあります。

開演までに、ツアーグッズなどもチェック。"harunoyume"Tシャツ、サイン会目当てのCDを購入。ついでに、生まれて初めてファンクラブなぞに入ってみました。なんかミーハーチックで、ファンクラブに入るという行為に抵抗があったのですが、一度くらいいいかなと思いまして。購入したTシャツにすぐに着替えていた人たち(真似できない…)に、ちょっとは触発されたのかも。

今回のツアーに同行しているPLANETARIUMのお二人、佐藤史郎さん(アコーディオン、ピアノ)と榎本高さん(エレキベース)は、いづみさんのCDにも多く参加されている方たちでした。そこまでチェックしてなかったけど、懐かしい曲の時に、ああこの音だと思いましたよ。ベースの榎本さん、チョッパーベースはもちろんだけど、ギターのカッティングのような弾き方もされてました。しびれますね。佐藤さんのアコーディオンとピアノも泣かせます。アコーディオンとベースの珍しい演奏も聴かせてくれました。

と、肝心ないづみさんの歌声。やはりいいですね~。ツアー初日ということもあって緊張のスタートだったようですが、何回も来ている人が多いことがわかってからはリラックスできたようです。逆に、「この次はみんな、新しい人を5人つれて来てね」という発言が出るくらい。しかし、みんなが5人連れて来たら、この会場では入りきれないような。

ピアノの伴奏で聴く「坂道」、アコーディオンの入った「夏のカーディガン」、CDで聴くものに近いからジンときます。

「みんなの顔を覚えて帰るくらいのつもりだから」と、ライヴの間会場を見渡していたいづみさん。途中で目があったような気もするし、退場のときにはこちらをしっかり見て軽く礼をしてくれました。至福のひとときでした。

サイン会では、自転車のことを聞いてみました。KLEINに最近乗られているのかと思って。「なかなか、ちょこっと乗ることも最近ないけれど、いい季節になってきましたね~」というのでツール・ド・国東で60km走ることを話して来ました。

ライヴの後の晩ご飯は、移転後初めて行く大名のキッズクラブ。一人だし、カウンターに座って定食を注文。ごはんに味噌汁、納豆、焼き魚、家庭の晩ご飯という感じがなかなかよいで、食べて満足。

店に入った時に、楽器のケースが置いてあるのが気になっていたのですが、後から入って来た2人が「A列車が…」とかジャズの曲名を話しだしました。あれ、と思ってマスターの坂田さんに尋ねてみたら、好きな人の集まりでジャズバンドをされているとか。楽器をやっていることを告げると、「一緒にどうですか?」とお誘いを受けました。吹奏楽でジャズは吹いたことはあっても、ジャズバンドでは未経験なので、時間が出来たら遊びに行ってみても面白いかもしれません。コンクール後にでも行ってみようかな。

駐車場に戻って、車から自転車を下ろし、Sweet Rocketへ。ちょうど、VPNさんも来ていたので一度見せる約束をまとめて果たすことができました。みなさん、自転車をしきりに褒めてくれるので、ちょっと嬉しくなります。

ドリンクを飲んでほっとして、おしゃべりをして帰宅。今日もいろいろまわりました。
※「フットワーク軽いですね」とは、時々ブログを呼んでくれているMAKKISさんから言われました

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818718

フットワークの軽い一日を参照しているブログ:

コメント

次回の5人に入りたいな

連れて行ってください

それにしても、ファンクラブ入会ですか? 凄いな

明日のツール・ド国東頑張りましょうね

座骨神1号さん、次回のライヴは是非ご一緒しましょう。

ファンクラブ入会なんて、自分でも思ってなかったのですが、今入らなかったら一生ないと思って試してみましたよ。

帰宅して、自転車の手入れも終えてゆったりしてます。

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓