« 人生は必然 | メイン | 一度に… »

2006年6月23日 (金)

今日もやっぱり

お昼はdafeへ。会社からすぐ近くというわけでもないけど、歩くのも食べるのも早い自分にとっては十分ランチ可能範囲。

僕が行くタイミングには珍しく席が一杯だったので、窓側のカウンター席へ。「ダフェボウル(日替わりどんぶりランチ)」の「トムヤム風タイそぼろ(600円)」を+100円で大盛りに。

食べ終わって少しうとうと。そろそろ会社に戻ろうと思ったら、前職の先輩・Tりさんが窓の外にいるじゃないですか。昨日に続いてなんという偶然、といっても場所的に会ってもおかしくないのですけどね。せっかくなので、しばしおしゃべり。

色々な業務をやっている会社に転職したTりさん。何か発注する仕事はないかと聞かれたものの、なかなか予算に余裕がなくてあるとは言えない状況。色々な企画や店舗開発もやっているし、なにか一緒にできたら面白そうなんですけどね。

「お前さんの会社の強みは、なんなん?」

という質問をされて、さっと答えられなくて焦ってしまいました。こういう質問にさっと回答がでないと、ビジネス的にはよくない。1年たったときに、明快な答えを出せるようになっているのだろうか。

お互いその後の仕事があるので、ちょっとだけ話して別れました。

夕方、日曜日に式を挙げて新婚旅行でしばらく休暇をとるU田夫人(入籍済み)が課長のところに挨拶に来ました。

つきあって1年ほどでのゴールインだったそうですが、つきあう事になったきっかけを聞くと面白い。特に用があるわけでもないのに、彼が店に下りて来たり、熱い思いを綴った手紙をもらったりしたそうです。ちなみに旦那さんも同じ会社の人です。そんなに熱い人だったとは!驚いたのもあるけど、そんなにばらしちゃっていいの~?て感じでした。

こういう話が出ると30代独身、矛先は自分にも向くのですよ。

課長:「次はお前の番かな~、社内で見つけるんかな」

U田夫人:「芸能人で言えば誰がタイプです?」

州風:「竹内結子」(よく質問されるからそう答えることにしているだけで、他にもいろいろいますよ)

U田夫人:「小西真奈美とかどうです?」

州風:「いいねえ」

U田夫人:「小西真奈美可愛いですよね。じゃあ松嶋菜々子」

州風:「いいと思うよ」

U田夫人:「う~ん、それじゃ難しいですね」(そりゃわかってるよ。竹内結子とか小西真奈美に似ている人に会った事もないし)

U田夫人:「店でいいなあと思う人とかいません?例えば○○さんとか、△△さんとか…」

州風:「○○さんからの内線をとるとき、2回も続けて外線の口調でとって、思い切り笑われたんよね~」

U田夫人:「それがきっかけかもしれないじゃないですか!」

幸せになると、他の人にも幸せをわけたくなるものなのでしょうか。きっかけのひとつとしては、ありがたく思っておく事にしましょう。

しかし、矢継ぎ早にあげられた売店スタッフの人たちの名前、顔と結びつかない人もいたなあ。商品をもらいに行ったりする事もあるし、ちゃんと覚えないといけないですね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818776

今日もやっぱりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓