« 嬉しいことに | メイン | 人生は必然 »

2006年6月18日 (日)

カスタード尽くし&ライヴ

20060618_01.JPG

天気も良くなったので、自転車で街の珈琲屋さんへ。

カウンターに、

「カキ~ンと冷たい こぅひぃ デ しゃかしゃか」

というPOPがあり、ちょっと惹かれたのでそれを注文。

シロップを少し入れたコーヒーを、シェーカーでしゃかしゃかやると、ふんわり泡立ったアイスコーヒーのできあがり。ホイップクリームを入れたわけではないのに、見事な泡立ち。

先週は来ることができなかったのですが、今日来てみると差し入れがたくさん。昨日由布院に行ったY河内さんのお土産・ぷりんどらと、くるみの木のプリン

後から来たT田さんは、イチゴの入ったカスタードを使ったケーキをシェ・クァノで買ってきてくれました。見事にカスタード尽くし。たっぷり堪能させてもらいました。

久々に会ったY河内さんからは、「ちょっと可愛すぎるかも」という誕生日プレゼントをもらいました。

「夏だし、和んで涼んでもらおうと思って」というその中身は、なんとも涼しげなグッズでした。とりあえずグラスに水を注いでみたけれど、水なしでもよかったかな。

やはり、何にしようか相当悩んでくれそうです。ありがたいですね。

夜は、東京で活動している高校時代の友人・久保フミト君のライヴを見に、箱崎のマリンブルーへ。せっかくなので、高校時代の同級生何人かに声をかけ、H田をつかまえることができました。

店の奥がライヴスペース。結構お客さんが多くて、二人まとめて座る場所がなかなかなく、思い切り前の席に。

トップバッターは、江頭つとむバンド。ソロでも活動しているという江頭つとむさんが、バンドでの演奏。なかなかにいい感じでしたよ。近々でライヴ予定がいくつもあるし、ミニアルバムが全国発売予定など、今後にも期待ですね。

二番目がいよいよ、久保くんの出番。ボーカル&ギターの久保君、ベースはT中さん、ドラムには高校のブラスのT畑先輩という3ピースの久保フミトバンド

ライブハウス照和で、蒼天として活動していたメンバー。数年ぶりの結成、あわせたのは実質3時間ほど、曲は久保君が東京で作ったものというのに、それを感じさせないステージでした。

僕以上に驚いていたのは、一緒に行ったH田。久保君の印象は、高校より中学校のときだったそうで、それからいきなり今日の姿を見たのだから、そりゃびっくりだったでしょう。「蒼天にレインボウ」と「A shitsle on the WATANABE Str.」二枚のCDを、二人とも購入して帰りました。

9月には、また福岡でライヴを企画しているそうだから、また見に行ければと思います。本当は東京までライヴ見に行ってみたいとこですけどね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818772

カスタード尽くし&ライヴを参照しているブログ:

コメント

こんにちは。

クボくん、帰ってきてたんだー!

立派になった姿を私も見てみたいものです(笑)

ところで、H田ってホルンのアヤちゃんでしょうか?

けいこさん、じゃあ9月のライヴはよろしくです。

H田とは、ブラスとはなんの関係もないクラスの友人ですよ。

ちなみに男ですので。

う~ん、やっぱり男性へのプレゼントって難しいですよね~。どうしてもかわいいモノになっちゃうんです。ゴメンナサイ! (>_)

でも、この金魚なら愛嬌があって笑って許してもらえるかな、と。

今日みたいに暑さでストレスが溜まりそうな時に、この金魚を見て和んでいただければ幸いです♪

Y河内さん、これくらいなら全然OKです。

キ○ィちゃんやミ○フィーだったら、さすがにのけぞったと思いますが。

僕の場合、逆に女性にかわいいものやアクセサリーのプレゼントしたことないんですよね。彼女ができたら、そういうものをプレゼントするのかもしれませんが。

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓