最近のトラックバック

 

« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月24日 (日)

演奏会本番2週間前

20060924_01.JPG

久々に楽器の練習がない日。午前中に髪を切ってすっきり。ボリュームが出て来て頭が大きく見えて来たし、本番も近いからこのタイミングで。

午後からは、コルネットを水洗い。トランペットより使用頻度が低いし、トリガーがついていて管の取り外しが面倒なのでなかなか洗う事ことが少なくなってしまう。

久々に洗うと、ひどくはないけど汚れが出て来る。しっかり洗って、グリスやオイルもいったん拭き取ってから塗り直す。これで次に吹くときはばっちり、なはず。

夕方は街の珈琲屋さんへ。着いたら、ちょうどI村ファミリーがお帰りになるところでした。

しばらくしたら、Y河内さん、Kまさんが来られました。他のお客さんも少なく、まったりとコーヒータイム。

噂には聞いていましたが、扉には福岡フローリッシュブラスのチラシを連貼りしてくれています。中から見ても、しっかり見える。

話によると、某吹奏楽有名校の生徒さんがチラシをもらいにきてくれたとか。しっかり演奏しないといけないですね。

いよいよ、再来週が本番。ご来場をお待ちしています。

福岡フローリッシュブラス 第6回定期演奏会
【日時】2006年10月8日(日) 開場13:30 開演14:00
【会場】ももちパレス
【入場料】無料

2006年9月23日 (土)

サプライズ・パーティ

20060923_08.JPG

街の珈琲屋さんご一行で、佐賀県の有田町にある、創作川魚料理 料亭龍泉荘へ。

JR有田駅まで迎えに来てもらえるという事で、JRの特急を利用しての移動。2枚切符や4枚切符があるのでかなりお得でした。自由席だと全然座れないくらいの乗車率で、結構利用者も多いようです。

有田駅で送迎バスに乗り込んで、まずは竜門ダムを見学。ダム湖のまわりをぐるっとまわる道路があって、わき水が出ていたり、雌岩や雄岩といった奇岩があって面白い眺めです。

で、いよいよ到着。お店の方がずらりと並んでのお出迎えがあって緊張します。入り口の両側には紅葉。紅葉の時期はさぞかし奇麗な事でしょう。

棟がいくつもあって、個室で食事をいただけるようになっています。部屋からは川のせせらぎも聞こえ、絶好のロケーション。贅沢ですね~。

実はこの集まり、表向きは「美味しい川魚を食べに行く」ということになっていましたが、常連T中さんの還暦・定年退職・再就職をお祝いする会だったのです。そのことを知らされていないのは、当の本人のみ。

それがわかったときに、T中さんはたいそうびっくりされて、とても喜んでくれました。

お店からも、赤い座布団お祝いのお酒などを準備していただけました。買って間もないというデジカメを手に、T中さんも嬉しそう

みんなで乾杯をして、花束の贈呈。なかなか機会がない、大きな花束をもらってまたまた大感激されていました。

適度な間を空けて運ばれて来る、料理の数々。まずは鯉のあらいとつきだし。このつきだしがいきなり美味い。何か聞くのを忘れましたが、いいお味がしました。そしてあらいもさっぱりして、全然臭みもなく美味。酢みそと、コチュジャンの入った辛いタレと2種類用意してあり、ブレンドして好みの加減で食べる事ができます。

鯉のタタキ鯉のあんかけ川魚の塩焼きうなぎの蒲焼き、そして鯉のにぎり。

鯉のにぎりなんて食べた事ありますか?僕自身は初めてだったのですが、これもまたよかったです。とくにのど笛のにぎり。1匹につき1個しかとれないので、何匹の鯉を絞めていただいたのやら。

その後にでてきた鯉こくも、器がおおきくてびっくり。昔食べたことがあるものと違って、油が多すぎず、コクが十分にあって、結構満腹なのに全部いただいてしまいました。

最後はごまのムースでしめ。3時間あまり、テラスもあって、待ち時間から食後までゆったりと過ごす事ができました。

人生の大先輩でもあるT中さんからは、しきりと結婚を勧められました。僕の年齢も年齢だし、常連さんに素敵なご夫婦がたくさんいますからね~。

さらに参ったのが、2年ぶりにあってすっかり大きくなったとびっくりした小学生のHきくんからも同じような事を言われたことです。

「結婚していないんですか?したくないんですか?」「子どもは欲しくないんですか?」

結婚、したくないわけじゃないよ。するもんだろうなとは思っているけど。子ども、欲しくないとは思ってないよ。子ども相手とはいえどう答えたらいいものやら、困ってしまいました。

こういう集まりにパートナーと参加するのも、楽しいとは思ってるんですけどね。もてない上に奥手、なかなか相手はみつかりません。

話しはそれましたが、総勢18名。これだけの集まりになったのは、街の珈琲屋さんというお店だからということだけではなく、T中さんがみんなから慕われている事もあってのことだと思います。これからも自転車に乗ったり、いろいろ集まって行けたらと思います。

龍泉荘の後は、百田陶園というところに立ち寄りました。ここでもゆっくりすごしたため、駅では45分待ちのタイミングになってしまいました。

いったん家に帰った後は、当然のごとく福津市民吹奏楽団の練習に参加しました。我ながら元気?

2006年9月18日 (月)

最後の締めはライヴ

20060918_02.JPG

合宿から家に帰った後、ライヴを見に行くために再び外出。我ながらご苦労なことだ。

東京にいる高校時代の同級生・久保フミト君が、赤坂のドリームボートでイベントを行なうのでした。

team beaten presents 渡辺通りで口笛をvol.3 @FUKUOKA

着いた時には、とっくにイベントは始まっていて3組目の途中。お客さんもぎっしりだったから、ドアの外で入れ替わりのタイミングを待つ事にしました。

中に入って、顔見知りと立ち話をしつつ、空いている席を探します。結局、入り口横に場所を確保。結果的に、写真をとるのに都合もよかったから結果オーライ。

加藤淳也/林邦洋と来て、最後に久保君の登場。

バンドでやると思っていたら、ソロでの登場。いい感じに進めているので、多めにシャッターを切りました。友だちだからというのもあって、最前列まで進みでて激写。今回は悪くない写真になったんじゃないかな。

終了後の打ち上げにも顔を出させてもらって、ビールを1杯だけ飲んで帰宅。最後まで濃厚な連休でした。

合宿3日目、最終日

午前中は、ほとんどが「パーカッション娘。」 の集中練習に費やされたため、その間金管アンサンブルを楽しみました。

下手なうえに、持久力がないということで、なかなかアンサンブルをやる機会がないのですが、なかなか楽しい。幸いに高い音がそこまで出てこない楽譜だったのもよかったかもしれません。しかし、最後の方になると、呼吸筋が疲れてきて思うように吹けない状態でした。まだまだ、精進が必要です。

で、お昼前と午後にパーカッションも含めたところでみっちり合奏。特訓の成果もあってか、充実した練習になっていたと思います。

ぎりぎりまでやって、片付けて退館。用事があったので、楽器返却には同行できませんでしたが、本当にお疲れさまです。

いよいよ、本番も間近になってきました。よかったら、ご来場を!

福岡フローリッシュブラス 第6回定期演奏会
【日時】2006年10月8日(日) 開場13:30 開演14:00
【会場】ももちパレス
【入場料】無料

2006年9月17日 (日)

合宿2日目

合宿の二日目。朝はラジオ体操なんかもあって、健康的。いつもよりかは、逆に遅い時間に起きれたので得した気分。

今日は、いい汗をかいた。バドミントン、ドッチボール、バスケ卓球 などなどとにかく体を動かした。服は汗でびっしょり。体はちょっぴり筋肉痛。

楽器の練習は?とつっこまれそうですね。はい、しっかりやりましたよ。

とにかくみっちり。夜には近づいてきた台風のせいで時折停電しつつも、負けじと合奏をしてました。雨や風の音には、内心どきどきだったんですけどね。

入浴、談話室で映像鑑賞の後就寝。しかし、寝付けないし部屋に人がいない。他の部屋へ行ってみると、ほとんどそこに集まっていたから一緒になって夜更かししてしまいました。

2006年9月16日 (土)

合宿1日目

20060916_01.JPG

今日は土曜出社の日。退社後に、dafeにて晩ご飯。

アートをたずねる月のDMが出来ていたので、いただいて帰りました。会社のお店にも置いてもらえるかもしれないから、少し余分に。

cafe[dafe]×工房まるの展示会
itadaki-maru!
2006年10月1日(日)~31日(火)

いよいよ、準備も大詰めのようです。楽しみにスタートを待つ事にしましょう。

食事をした後は、車に乗り来んで油山青年の家へ。10月8日に定期演奏会を行う、福岡フローリッシュブラスの合宿に参加するためです。

ナビの指示する通りに進んでいたら、博多工業高校裏の山道へ入り込んでしまいました。暗いし雨だし、砂利道だし。途中の枝道を使ってUターンして事なきを得ましたが、やばかったですね~。

油山青年の家へなんとか到着。すでに合奏が始まっていた上に時間が少ないので、音だしせずに入りました。新聞社の取材も入っています。

僕にとっては短時間だったけど、集中して練習をしていたなと感じました。

20:30で音が出せなくなるので、その後は体育館で体を動かしたりお風呂に入ったり。

就寝時間前は、談話室に集まって映像鑑賞。先日のK原夫妻の結婚披露パーティや、ブラスバンドの映像、アンサンブルなど盛り沢山です。

幸いにして台風はまだ訪れず。油山の夜景の美しさを認識しつつ眠りました。しかし、枕が高くて寝心地が悪い。

2006年9月14日 (木)

バリ雑貨

20060914_01.JPG

福岡フローリッシュブラスの演奏会チラシを置いてもらうために、会社帰りにSweet Rocketへ。

今日は木曜日なので住吉。バスを降りて店へ向かうと、I村さんがすでにいらっしゃいました。

涼しくなってきたので、チャイを注文しておしゃべり。チラシを折ってポケットに差し込みつつ、1枚は貼ってもらうことにしました。

バリで買ってきたという雑貨がちらほら。トップの写真のものは、実はランプです。なかにロウソクを入れると、うろこ型のすきまから灯りが漏れてくるというしかけ。色使いもなかなか素敵です。

バリで購入してきた雑貨が山ほどあるそうで、来月に展示会をするそうです。

秋の夜を彩る,「ランプ展」
【日時】10月8日(日)・9日(祝)12:00~19:00
【入場料】入場無料
【会場】友添本店2階・友添ギャラリー
【住所】福岡市中央区春吉2-11-18 【TEL】092-761-6027
※ランプシェード、キャンドルスタンド、ウッドクラフト、サゴヤシの家具,etc

10月8日がフローリッシュブラスの本番なのですが、なんとか9日には行きたいところです。

2006年9月 8日 (金)

鋭い観察力

20060908_01.JPG

印刷からあがってきた大量のチラシを、各店舗に振り分ける作業でたっぷり汗をかいた。そしてちょっと遅めの昼食をとりにdafeへ。

工房まるの方たちがスケッチに訪れるというので、ちょっと様子見がてら行ってみたのでした。

おお、いらっしゃいますね。窓側の席に座って、食事を注文。邪魔しちゃ悪いので、ちらちらと様子を見させてもらいました。

ノートに文章を綴っている方や、大きな紙にのびのびと絵を書いている方。アートをたずねる月の時に、どんなものが展示されるか楽しみです。

人物を書くのが得意な方は、今日はいらっしゃってないということで、写真を撮られてしまいました。それを元に人物画を描くこともされるそう。どんな作品になるか、わくわくしますね。

ノートに文章を綴っている方が、人物切りをされるというので、ばしっと切ってもらいました。

ノートに書いてくれたものが、この文章。

う、結構あたっているかも。ちょっとの時間で、ここまで見抜かれるとちょっとびっくりです。なんでわかるのか不思議。

まるのスタッフの方からも名刺をいただいて、「工房にも遊びに来てください」とお誘いを受けました。そのうち、機会を見つけて行ってみたいなと思います。

帰り際に、dafeの「アートをたずねる月」DMを見せていただきました。まだ校正紙段階で、本ちゃんではないのですが、なかなかいい感じです。

期間限定のランチ&スィーツがあったり、お菓子の家を作るイベントがあったり、ライブをやってみたり、グッズの販売があったりと内容も盛り沢山みたい。期間中結構通ってしまうかも。

2006年9月 7日 (木)

演奏会のご案内

福津市民吹奏楽団の他に顔を出しているバンド、福岡フローリッシュブラスの定期演奏会が10月頭に開催されます。九州で唯一の英国式金管バンドですよ。僕も出演するので、よかったら足をお運びください。

福岡フローリッシュブラス 第6回定期演奏会

【日時】2006年10月8日(日) 開場13:30 開演14:00
【会場】ももちパレス
【入場料】無料
【プログラム】
ルネッサンス(P.グレイアム作曲)
ウエスト・サイド・ストーリー・セレクション(L.バーンスタイン作曲 / D.ライト編曲)
カンタベリー・コラール(J.V.D.ロースト作曲)
大学祝典序曲(ブラームス作曲 / D.ライト編曲)
他(曲目は変更することがあります)
【指揮】石橋 正博

2006年9月 4日 (月)

今年も頑張ってみるか?

dafeにてランチ。今日はカレーをチョイス。

机の上に、「アートをたずねる月」に今年も参加するという告知を発見。工房まると一緒になって、内容を作り上げるそうだ。

アフターのドリンク&デザートまで頼んでまったりし、会計の際に「今年もアートをたずねる月に参加するんですね」と声をかける。

すると、工房まるのカレンダーを見せてくれながらいろいろ説明してくれました。

「工房まる」とは、野間にある福祉作業所です。前の会社で、年に1回通販カタログがまわってきてその名前は知っていたけれど、よくは知りませんでした。福祉作業所というと、軽作業を行なって収入を得て、というイメージがありました。しかし、まるのみなさんが作っているのはアートだったのです。

陶器だったり、絵だったり、各人が得意なもので才能を発揮しているそうです。カレンダーに掲載されている作品と、カウンターに置いてあった陶GOODSしか見ていないのですが、なんかくるものがあります。これは、是非見ておかなくてはと思いましたよ。

いろいろ話していたら、「えらくお詳しいようですけど、そういう関係のお仕事されてたんですか?」と言われてしまいました。まあ、情報誌を作っていたのだから、そうといえばそうなのかも。会社から近いことだし、今年の1軒目はdafeかな。

と、昼間は文化的なひと時を過ごしたにもかかわらず、夜は会社の人と飲み会@焼き鳥 高宮。19~23時過ぎと長丁場。酔っ払って、濃い話をしだす人もいておもろかったです。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓