« アートをたずねる月2006-その14 | メイン | 街頭コンサート予告 »

2006年10月30日 (月)

アートをたずねる月2006-その15(ファイナル)

あと1つでスタンプが50個。ということでダメ押し的に行ってみました。

015:CAFE SONES/アートと本と音楽を巡る月
絵本カーニバルということで、ずらりと並んだ絵本。「PICTURE BOOKS CLOSET」と題されていて、机の上に冊子があり、その中の気になった言葉が書かれたページの番号に従って、バッグの中の本を取り出すとぴったりの絵本が入っているという仕掛け。チャイをいただきつつ、絵本をぱらぱら。

写真による絵本というのにも初めて出会い、写真は撮れるけど絵が描けない僕はちょっぴり勇気づけられましたね。絵本を作ろうとか考えてはいませんが。

この企画、九大の子供フロジェクト ユーザーサイエンス機構主催の方が関わっているそうです。以前雑誌で、関連のイベントレポートを見た事があります。5000冊以上の絵本を所蔵していて、その中から選ばれた本だったのだから、見て悪いはずがありません。

アートをたずねる月は終わってしまいますが、「PICTURE BOOKS CLOSET」自体は2006年11月13日(月)まで展示を延長されるそうです。見ていない方は是非。

CAFE SONES HP

なんとか、期間中に50個のスタンプを集める事ができました。働いていても、結構まわれるものだと実感。

このまま家に帰ればいいものを、会社の人から誘われていたので再び高宮駅へ。

焼き鳥高宮にて飲み会。少し遅れて行ったので、すでにみんな盛り上がっていました。

一通り注文が終わっているので、自分が食べたいものを注文、そしてビールで乾杯。賑やかな飲み会です。

U田さんからは「冷静で仕事が早い、いないと困りますよ」とのお言葉をいただき、周りも激しく同意。仕事でモテモテでも、忙しいだけやんと思っていたら、限定1時間で家を抜け出して来たH石さん、

「好きな人、まだできとらんと?」とツッコミをいれてきました。

数ヶ月前にもそういう話しをしたような。H石さん、絵に描いたような酔っぱらいキャラで、時間がないからと今日はさらにとばしています。U田さんにも容赦ないつっこみ。

楽しく飲みつつ、帰る人もいれば、さらに二次会へ行く面々も。今日は時間も早いのでおつきあいしました。

薬院にあるバー、深海だったかな?ロックのCDやレコードがたくさんありました。

孫がいるというMりさんは、昔FENにかじりついていたという実はロック好き。僕よりちょっと年下のT田さんも「スターシップ」ではなく、「ジェファーソン・エアプレイン」でリクエストするんだから、結構マニアですね。普段聴かない音をきけて楽しかったです。

さらに次に行くという2人と、途中までタクシーをいっしょにと思ったら、結局僕も一緒に行ってしまいました。

西中洲のバーUDO。名前は聞いた事があるけど、初めて訪れる店。今日の発起人N川係長が昔から行っているお店だそうだ。

カウンターで、窓の外の川面を眺めながらグラスを傾ける。大人のバーてやつですかね。昔、近くの玉井には連れて行ってもらった事があるのだけど。

マスターの話しを聞きつつ、軽く一杯。

楽しかったけれど、家に帰って寝たのは3:30。さすがに三連ちゃんでこの時間はアウトだろう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818892

アートをたずねる月2006-その15(ファイナル)を参照しているブログ:

» 絵本カーニバル IN FUKUOKA × MUSEUM (The Koko from Leeds)
 美術館=鑑賞の場  日本の美術館の立ち位置は、なかなか変わりません。  17世 [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓