« 村治佳織ギター・コンサート@福岡シンフォニーホール | メイン | 青空カフェ with dafe »

2007年4月29日 (日)

ピッコロトランペット・デビュー

購入して以来、一度も本番で使用した事がないピッコロトランペットYTR-9820C。

持っている楽器の中では一番小さく、一番高く、一番使用頻度が低い楽器になっています。

今日は母校であるS宮高校の定期演奏会。当時の顧問だったO先生も客演で指揮を振られるので、久々に出演することにしました。

ポップスステージの二部、とはいっても厄介な曲がありました。合奏に参加できたのは前の週の一回きり。「ディズニー・ファンティリュージョン!」というメドレー曲なのですが、結構難しいうえに、大事なところに高い音があるのですよ。

動きからして、これはピッコロトランペットで吹いてもいいよなと自己判断して使う事にしました。

午前中のリハーサルで、使う部分を確認。全体の中で15小節ほど、楽譜は普通のトランペットでやることになっているんですけどね。

お昼は用意してもらったお弁当を、3・4学年下のOBたちとお喋りしながら食べました。久しぶりの連中なのに、全然そんな感じがしない。この間卒業した連中もあわせて、20数名がOB出演という賑やかなステージになりました。

開場、お客さんがずらりと並んでいます。なかなかいっぱいになりそう。

見に来てくれたOBに声をかけ、OB会の受付を促してみたり。

一部はずっとロビーにいて、いざ二部。ピッコロトランペットを使ったのは2曲目だけど、まあなんとか吹けたと思います。効果的だったかはわかりませんけどね。記録が残っていれば聴いてみたいものです。

一緒にステージにあがったトランペットの後輩OBとも、連絡先を交換したし、現役の3年生に花束を渡したり写真を一緒に撮ったり。お客さんもいっぱい、懐かしい会場に、懐かしい先生。いい演奏会になったと思います。

本番の後はうちあげ。若いOBは現役とどっかに行ってしまうので、ちょっと上の連中で集まります。車だったから、またもや飲めなかったけどおしゃべりで盛り上がれました。

びっくりしたのが、後輩H中が会社でつきあいのある代理店で働いていた事。TV出演したときの映像を見ていて、似ているとは思っていたようです。うちの会社の担当とも面識があるし、前職は某印刷会社で、そこのうちの担当とも面識が。世間は狭すぎる。

たくさん話して、連絡先も交換して、帰宅しました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15818996

ピッコロトランペット・デビューを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓