最近のトラックバック

 

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月27日 (日)

TOKU

行ってきました、TOKUのライヴ。

井上陽介TRIO PLUS TOKU @ROOMS

Tb吹きの知人S子ちゃんの妹さんが、ライヴのお手伝いをしているとかでお誘いがかかったのです。あ、招待ではなくちゃんとお金払ってますよ。

1stステージ、少し早めに行ってチケットの受け取り。姉妹だからと、会場で似ている人を探していたら、あまり似ていない妹さんでした。楽器はやっていなくて、アート方面のお仕事のようですが、音楽はお好きな様子。

早く着いてたおかげで、席は一番前の席に座ることができました。

井上陽介(b)石井彰(p)大坂昌彦(dr)。プロフィールを聞くと、ものすごい経歴の持ち主たち。

演奏も、相当しびれました。

まずもって、楽しそう。お互いに、「次は何やってくれるの?」てワクワクしながら演奏している感じ。

そして、やれやれってあおってくるんですよ。特にドラムの大坂さん。ノリノリです。

TOKUさん、甘い声がやっぱりいいですね。もちろん、フリューゲルホーンの演奏もナイス。歌うように吹き、吹くように歌う。ちゃんとつながってます。

決め所がスパッと決まるのも格好いい。なんでこんな風にできないんだろ、と自分の合奏中を思い浮かべながら聴いてしまいました。

あっという間に終了。CDの販売もやっていたので、購入して記念にサインもいただきました。

また次も行けるかな。

転居中

実は、会社に歩いて通える場所で一人暮らしを始めました。

梱包不十分なまま、昨日から移動を開始。

愛車デミオにて2往復。家から車、車から新居に何往復もするのがヘビーでしたよ。全部は終わっていないので、ちょこちょこ取りに戻るしかないですね。

事前準備があまりにもできていないので、業者や友人を全く頼んでいません。家から持って行く食器などは母が梱包してくれましたけどね。

ネットの移設もちょっと時間がかかるので、メールやコメントへの返信が遅れる場合もあるかと。ご容赦を。ちなみに開通予定は6月3日(日)。

2007年5月26日 (土)

お引っ越し

20070526_01.JPG

愛車デミオに荷物を満載し、一人で引っ越し。

甘く考えていた事にちょっぴり後悔。

2007年5月12日 (土)

しゅうちゃん、おめでとう

20070512_01.JPG

街の珈琲屋さんの常連、H田しゅうちゃんの結婚式。常連さんつながりとしては、僕よりも古くからの知り合いがいるはずなのに、選んでもらえたというのが嬉しく思います。だてにしゅうちゃんつながりではないか。

会場はWITH THE STYLE 福岡。お洒落な会場です。

受付開始10分前に到着。待合スペースの1階バーにて一息。知っている人はまだ来ていない様子。しばらくするとU野さんが来たので一緒に他の人を待っていたけれど、なかなか現れません。どうも、そのまま2階の会場に行ってしまった様子。なので行くことにしました。

行ったら、いましたいました。マスター夫妻、T田さん、久々に会うDい君・Nりちゃん夫妻。

決して狭い会場ではないのですが、出席者が多くてテーブルもいっぱいです。ここまで絞るのも一苦労だったかもしれないけど、ほんと多いです。

内装やテーブルの飾りつけ もお洒落な感じ。評判なだけありますね。

ぎりぎりになって、Kまさんが余裕の登場。式場の係員もまだですかと相当心配されてました。

時間になって新郎新婦の登場。入り口のすぐ近くだったので、姿をよく見れたのはよかったのだけど、写真をとるには間近すぎてうまくおさえられず。残念。

祝儀舞というのでしょうか、乾杯の前には日本舞踊も披露されました。初めて見ましたね~。

友人スピーチあり、この日のために友人が作ったという曲の熱唱もあり、珈琲屋さんのマスター夫妻もお祝いの歌を披露しましたよ。

最初はガチガチに緊張していたしゅうちゃん、だんだん慣れてきていつもの調子になってきました。奥さんのF絵さんは終始にこやかでしたけどね。本当に幸せそうなお二人 です。

珈琲屋さんの奥様・S子さんが思わず涙ぐんでいしまい、つられてマスターも。そんなに泣かなくても、とつっこんでいたら、

「あなたたちの結婚式でも、私もっと泣くわよ」とS子さん。はい、本日出席のU野さん、T田さん、僕は見事に独身で今のところ予定なしなのです。早く安心させないといけませんね。

あっという間の2時間、ほぼ予定通りに進行したのではという進み方。

料理もデザートまできちんと食べましたよ。料理は以下の内容

スモークサーモンと帆立のハーブサラダ有機オリーブオイルと2種のキャビア添え
春キャベツと蛤のクリーミーチャウダー青海苔風味
長崎五島スズキのシンプルグリルブラウンナッツバターソース
5種の胡椒で焼き上げた和牛ロースステーキビーフストックレディクションショース
山菜御飯と漬けまぐろの小どんぶり
パン、コーヒー、デザートブッフェ1

写真を撮りつつも、料理もしっかり楽しめるのは食べるのが早いからかな。テーブルが多くて動きが撮りづらいのと、カメラを構えるスペースがあまりなくて、思ったより枚数撮らなかったと感じたけど、それでも106枚。

2次会は、家から近いお店だったので出席。一度家に帰って荷物を置いていきました。二人がつきあうきっかけになったのもここだったのだとか。

時間通りに行ったのに、なかなか人が集まってきません。着替えてきたりとかで遅れている様子。早く来た人間で先に乾杯しましたけどね。

近くに座った人たちの話を聞くと、このお店つながりの知り合いの様子。不思議なものですね~。まあ、他の人たちからすると、珈琲屋さんつながりの僕らも不思議な感じでしょうね。少しは顔見知りも増えました。

以前後輩のお店で飲んでたときに、こちらのお店の大将がやってきて隣に座ってきて、「うちは絶対うまいけん来たほうがいい」と酔っ払って力説されたことあったんですよね。確かに、料理も美味しかったし、店の雰囲気も良かったと思います。知り合った方々とも、お邪魔したらまた会える可能性は高いようです。みなさんしょっちゅう来ているようですから。

三次会はこれまたすぐ近くのバーへ行くということでしたが、練習があるので後ろ髪引かれながらも退散。

よく飲んだので、練習もしんどかった~。

2007年5月 4日 (金)

走った翌日

20070504_01.JPG

痛くて体が動かなかったらどうしようと心配してましたが、朝起きるとそこまでひどくありませんでした。

腰に痛みがあるので、部屋のお風呂にお湯をためて体を温めてみます。

朝食はのんびり。T中夫妻とU野さんが食べ終わった頃でしたが、おしゃべりをしていたらだんだん他の人たちも。

マッサージ機や、トレーニング系のマシンが片隅に置いてあったので、食べ終わるとみんなでいろいろ試してみました。誰か帰って買ってたりして。

杵築のお城祭りを観光。階段をあがるときに、少し足が痛いと感じますが、まあなんとか。雨もぎりぎりまで降らなかったからよかったかな。

お昼を食べた後に解散。帰りの運転が眠くて眠くて、途中でしっかり休みながら帰宅。

夜は夜で、高校時代の友人と飲み会。博多駅近くの沖縄料理店にて、いろいろおしゃべりをしながら飲み食い。S田、H田、H川、自分。それに、S田の知人で前にも会った事のあるM上さん。

完全に内輪トークだったけど、M上さんは退屈してなかったのだろうか…。

年に数回の集まり、次にやるのは盆頃かな。

2007年5月 3日 (木)

2007ツール・ド・国東 出走

20070503_01.JPG

前日、仕事を終えて福岡を出発。ガソリンを入れていくことにしたので、都市高速を使わずに太宰府ICから九州自動車道へ。一般道が混んでいて、なかなか時間がかかりました。

しかも、大分自動車道から大分空港道路への分岐を通り越してしまったので、別府から宿泊場所のホテルいな里へ遠回りで行く羽目に。

当日の朝食は、昨年同様コンビニで買ったインスタントのお粥と豚汁。寝付けなかった割に、5時くらいには目が覚めてましたよ。

6:30にはホテルを出発。無事に駐車場に入れる事ができました。今年は、最高の人数と言われた昨年をさらに上回り、1900人くらいのエントリーだったとか。

プログラムからすると、1822人なのかな。
Aコース 916人
Bコース 495人
Cコース 304人
Dコース 107人

出て面白いのが、自転車の博覧会みたいなところ。いろいろなメーカーの、いろいろな自転車を見る事ができます。最新のものから、クラシックなものまで。思い思いのユニフォームも楽しい。

VOLVOに乗って来たファミリー、上に自転車を3台積み、中からも次々に自転車が出て来ました。5~6台入っていたような気もします。

Aコースに、ママチャリで出場している人を見かけました。果たして、ゴールする事ができたのか。非常に気になりますね。キャンピング使用の自転車でBコースに出ている人もいました。

A・Cコースの街の珈琲屋さんグループを見送り、9時20分、いよいよBコースのスタート。

スタート時は、ビンディングの固定は片足のみ。混み合っているので、転倒対策です。

ちょっとしてから両足ともビンディングをセット。スピードをあげていきたいところですが、そうもいきません。

人が多くて団子状態。2列並走で走っている人も多く、抜きにかかれない。抜いても元の列に入れないようでは、車が来た時に危険だし、無駄に体力を使ってしまいますからね。8kmほど、本当に走りたいスピードよりゆっくりのペースで、イライラしながら走行。

いよいよ、坂道に入って来ました。10km、20kmとほぼ10kmおきに上りがある感じ。フリーライドで、ハンドルを上向きにセッティングしてもらったせいか、降りずに上りきって第一チェックポイントに入る事ができました。
買ったときの写真と比べて、ハンドルの角度の違いわかるかな?

喉が渇いているから、カップゼリーが妙にうまい。冷たい水も補給して、しばし休憩の後に再スタート。

スタートして、緩い上りがだらだらと続く。なんてことなさそうだけど、じわじわと体力を奪われていく感じです。その後にまたもや坂が出現。距離も勾配もなかなかのものです。30km・40kmと、3~4回押して歩く有様でした。もう少しこまめに休憩をとるべきだったのか。

2ヵ所目のチェックポイントに到着、ここでお昼。食欲はばっちりあります。Cコースならもうゴールしてる距離かなと嘆きつつ、もう一踏ん張り。

つらい、上りはともかく、平地でも向かい風で思うように進めず。足が重くて仕方がない。とにかく、じっと我慢でこぎ続ける。途中で何度やめようと思った事か。

ゴール地点の住吉浜リゾートパークが見えた時には、泣きそうになりましたね。

公園内に入り、そこを曲がればゴールが見えると思ったら、カーブのところでT中さんが待っていてくれました。お待たせしてしまって申し訳ないやら、嬉しいやら。

最後の直線を走り抜けてゴール。みんなが待ってくれているのはわかっていても、カメラに目線を送る余裕はなかったです。

A・Bコースは自動計測がついていたので、完走証にその場でタイムが印字されます。昨年までと違い、インクジェットプリンタを使ってその場でプリントされたものです。

疲れはてて、みんなの前に登場。あまりに遅かったので、随分と心配されたようです。

初めての100km、タイムはいまいちでも完走できたことはよしとしましょう。

サイクルコンピュータの記録
走行距離:106.85km
走行時間:5時間45分01秒
平均時速:18.5km
最高時速:45.9km

※計測タイム:6時間49分56秒
仮順位416位(エントリーは495人)

服装は昨年とほぼ同じ、しかし暑いのでアームウォーマーはなし。

ドリンクとしては、2本のボトルに水とスポーツドリンク。weiderのトリプルカーボを500mlに2袋溶かすというアイソトニック飲料にして使いました。走る前と後には、アミノバイタル・プロも摂取。ちょっと頼り過ぎ?

携行食としては、ひよ子博多スティックまんじゅう。長~い形が、携行食向きだと思うんですよ。

Bコース前半

Bコース後半

高低差451m。Aコース(前半後半)が269m、Cコースが380mのようですから、坂のきつさはコース中一番ですね。

走り終えたら

20070503_02.JPG

ホテルに戻って、天然温泉の展望風呂に入って疲れを癒す。部屋でちょっと休憩してから打ち上げに。

今年も来ました、アリラン食堂

お店のお父さんもお母さんも相変わらず元気。お肉ももちろん美味しい。

みんなで食べる焼き肉は格別。View image  View image
運動の後、ビールも美味しいかった~。

2杯目は焼酎、と水割りを頼んだら、何回も聞き返されたのでおかしいなと思ったら、氷なしの水割りがなみなみと。お湯割りかロックと聞き返されたのはこういうことかと苦笑い。

焼いては食べ、食べては焼き、満腹。View image  View image  View image

ホテルに戻って、差し入れにいただいた太刀魚のお寿司をさらに。おなかパンパンだったけど、珍しいものなのでしっかりいただきました。満足。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓