最近のトラックバック

 

« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

サラダ風

20070831_01.JPG

まだまだたっぷりある素麺。違った感じということで、作ってみました。

きゅうり、トマト、炒めたアスパラ、錦糸玉子風の卵、ゆでた豚肉。

冷しゃぶ用の、ごまみそドレッシングをかけていただきました。

なかなかに美味。麺を食べるときに薄味に感じたので、先にドレッシングを少し絡めてから具をのせるとちょうど良かったかも。

2007年8月20日 (月)

中学校時代の親友の結婚式

20070819_01.JPG

昨日もなんだかんだ遅くなったけど、朝起きて準備をしたり、掃除や洗濯をしたり。

お昼過ぎに出発。天神まで出た後は、地下鉄で箱崎宮前まで。

少し時間に余裕があるので、リーセントホテルの向かいにあるスタバで休憩。

13:30に会場に移動して、残りの二人が来るのを待つ。ちょっと遅れてきた二人と、二次会の打ち合わせをして入場待ち。予定の14:30になっても入場開始になっていなかったから、始まったのも30分押しでした。

親友である新郎は小学校の先生、新婦は幼稚園の先生。どちらも先生というカップル、披露宴の雰囲気も今まで出席してきたものとなんとなく違ってましたね。

教え子が出てきた場面では、「ああ、いい先生やね」とほろっとさせられました。

ふと気がつくと、会場にカメラマンを入れていない。もっと早く気がつけばよかったなと思いつつ、そこからシャッターを切る枚数も増えていきました。

久々に、友人のお母さんとも会いました。昔からかわってなくて驚きです。ブラスの後輩でもある、新郎の妹さん。そしておばあちゃんにも再会。懐かしかったです。

いい式だったなと思いながらも、時間が押しているためにばたばた二次会へ。

ノリがよくって、行きつけの店を予約してくれたY水。肉体派で、披露宴の最中スピーディーに出欠をとってくれたM元くん。案内状を作ったり、会費のとりまとめが僕。キャラの違う3人だからこそ、なんとか二次会をやることができたのかな。

Y水が、「二次会どうなっとうとかいな?」と言って僕らで幹事やることになったのが2週間ほど前のこと。

中学校時代の面々も呼んでました。高校も一緒だったT浦は子供連れ。

あの頃もっと仲良く出来てたらねと話していたら、

「照れ屋やったもんね」と言ってくれました。ちゃんとわかってくれてたのが少し嬉しかったり。今でも相手の目を見て話せないから、照れ屋なことには変わりありませんが。

スペシャルゲストは、中学校の時の吹奏楽部の顧問S井先生。新郎新婦が到着したときに、突然スピーチをお願いしてしまいましたが、困ると言いつつちゃんとやってくれました。

会計が終わるまではとあまり気が抜けず。「せっかく女性が来ているから、あの席に行ってこい」とまわりに言われながらもほとんど話しませんでした。ここでも写真は撮ってましたけどね。

ちょこっとだけ三次会。国体道路沿いのビルにあるカフェに飛び込みで行ったら、お客さんがほとんど女性でびっくり。ここまで偏っている店は珍しい。

ついつい長居して、明日が仕事にも関わらず午前様。家に着くと、タクシーの前をゴミ収集車が走っていくのに気がつきました。ショックなことにゴミを捨てそこない。

翌日、新郎とメールをやりとり。せっかく気にしてくれたのに女性陣と話をしなかったことを詫びると、

「友達だからはっきりいうけれども、州風の個性というか良さは、その辺のいわゆる普通の女の子では理解できないだけだよ。自信もつべし」

これは素直にほめられているととるべきか。結局相手が見つけにくいということではと思ったり。

2007年8月18日 (土)

トランペットレッスン in 沼隈-その3

予定が変わって急に行ける事になったレッスン。申し込みが遅かったから、枠がとれたのはお昼前。博多駅7:35発の新幹線に乗るため、早起きしてつらい。

沼隈サンパルに着いて、手土産に購入した自社のお菓子を手渡します。とても喜んでもらえたので驚き。地域的に、なかなか買いにくいからかもしれません。

音だしをしていたら、早めに小原先生が来てくれました。レッスン時間がのびるので、ちょっとラッキー。

息を吸って、のどが落ちた状態で吹き始めること
のどがあがった状態で吹いていました。

ノータンギング(舌を使っていない)のに、タンギングしたように聴こえるのは、上唇が固くなっている証拠
舌を動かしていないのに、タンギングと同じように聴こえるのはなんでかと思ったら、そういうわけ。破裂音に聴こえるというのは、発音の問題にされることが多いけど、案外これが原因の場合も多いのかも。上唇の固さをカバーしようと、のどがあがった状態で吹くようになっている可能性も。

こわがらずに息を出して、それで音が出るように
ついついびびって、すっと息が出ないことが多い。スムーズにスピードのある息が出て、それで音がでるほうが良い。

上唇の上に指をあてて息を出すと、自然に息が出ている。マウスピースをつけたときも、同じように
上唇でなんとかしようと思っているからこうなるのか。なかなかうまくいかない

タンギングの時に、舌は歯の裏から下にストンと落ちるだけ。妙な力を入れない
ついつい、しっかりした音を出そうと妙なことをしていたよう

息が出て3秒後に音が出るつもりで。息はマウスピースの両側でなく、真ん中からとるつもりで
息が出る瞬間に音が出ると思って吹くと無理が生じる。僕の場合は、真ん中から息をとるようにすると随分上唇の固さがとれてきました。

いいときと悪いとき、音と唇、喉や体の内側の感覚をつかんでおく
毎日先生についていたら注意してもらえるけど、自分で気がつくには大事なこと

曲のとき、音を飛ばす(離す)のが大事。唇を介さず、直接ボイシングのポイントに息をあてていく
音をつかんだままだと、全然響きません。ベルキスのバンダのパートを見てもらいましたが、音を外すことより息の状態がうまくいくようになっていることに注意をむけることが重要。

「せっかくだから、もっともっとうまくなっていてほしいし、妥協はしませんよ。音大生と同じレベルの要求はしますからね。」
と小原先生。こう言われて、ものすごく嬉しいですね。アマチュアの僕に対してここまで思ってくれるなんて。頑張らなくては。

帰ってから市民バンドの練習。レッスンで言われたことを気をつけたら、結構楽に吹けました。

練習帰りは大学の友人の集まりに顔を出しました。眠かったけど、みんなに会えてよかった。

2007年8月16日 (木)

なんてこったい

秋のセールチラシの撮影日。

午後からの撮影なので、お昼の社内便で撮影物を工場から取り寄せ。

一部は見つけたのだが、おはぎが見当たらない。散々探してないので、工場に確認の依頼をしてしばし待つ。

なんと、間違って違うところに行ってしまったそう。

たまたま小倉でもおはぎの撮影があって、作ったところまではよかったけど、担当課長さんが呼び出しで席を外し、発送を頼まれた別の人がわけないまま一箇所に送り込んでしまったそう。

しかも、受け取った小倉の人も、チェックをしないまま撮影にまわしてしまったとか。

あるものは今日とって、おはぎは月曜日撮影にしてもらった。

春のときも商品間違いがあったし、なんかついていない。

課長さんからはお詫びの電話もあったけど、なんだかね~。

2007年8月14日 (火)

恒例の集まり

高校時代の友人との集まり。僕の都合で日をずらしてもらったので、当然参加。

携帯メールに21時~とあったのを、急に変更したから都合があうのがそこからだろうと疑いもせず出社。19時までは仕事をするつもりでいたら、18時すぎにメールが。なんと、19時からの間違いという。慌てて仕事を放り出して帰宅。

汗もかいたので着替えて出かけると、店に着いたのは20時近くになってしまった。

H田、M船くんの二人は先に始めていた。オリオンの生ビールを頼んで、料理を食べる。遅れてS田も登場。常連のS田が頼んでくれていたので、市場が休みなのに結構いい素材が出てくる。魚の刺身、タコの刺身、ウニなどなど。アナゴの天ぷらもなかなかいけた。

沖縄料理屋なので、当然チャンプルーも頼みましたよ。

途中で焼酎に切り替えつつ、24時過ぎまで。楽しかったけど、最後のほうは眠くて眠くて。

お盆休みがない会社はつらい。

2007年8月12日 (日)

おかものコルネット個人レッスン

午前中に行動開始。ロボッチャに立ち寄り、この間プレゼント選びを手伝ってくれたスタッフに、喜んでもらえたことを報告。骨折したという足もよくなっていたようで、すっかり元気に働いていらっしゃいました。今後もプレゼントに使えるお店になりそう。

街の珈琲屋さんに行き、コーヒーを飲みつつお喋り。この週末実家には行けなかったのに、かかさず珈琲屋さんに来ている僕って、大丈夫なんだろうか。

フローリッシュブラスのE頭さんから携帯が鳴り、空港近くの魁龍に行くというので合流。岡本先生、E頭さん、Sげぽんの三人がいらっしゃいました。

久々の魁龍、特徴であった漉していないざらっとしたスープが普通になっていて、変わったような。若干塩気が強く感じる。

昼食の後は、パピオに移動してレッスン。

初っ端は、テナーホーンのRんちゃん。いろいろアドバイスを受けて吹いていると、音が変わっていくのがよくわかる。僕も前から気になっていた、マウスピースをあてる位置が下に寄っていることも指摘されていました。慣れたら、上唇をマウスピースにたくさんいれているほうが高い音も出やすいと。これは小原先生に言われたことに通じますね。

二番手は自分。ギャラリーがいるというのが緊張するが、そんなことかまっていられない。(さっきまではギャラリーでしたけどね。)

ポイントを紙に書きながら指導してくれるのがありがたい。普通は後から自分でまとめないといけないところ。さっき聞いていたから、その分説明をはしょって進んでいく。

1)“ki”の発音の舌の状態でバズィング。これくらいのシラブルのほうが、素直に唇が振動してくれる
2)バズィングしながら、マウスピースをつけたり離したり。あえて唇ではなく、ほっぺたにつけてみるというのが面白い。それくらい、マウスピースをあてることは特別ではないし、少しずれても問題ないということ。
3)マウスピースでベンディング。音程を上げ下げしてやる。舌の奥は“ki”の発音を保ち、“a”~“e”~“i”のシラブルを使う。日本語の発音にはない「ア~エ~イ~」。今まで思っていたより、前のほうが変化している感じがした。

これで、ウォームアップ終了

続いて、基本練習。

1)・楽器をつけて、B♭の音でシラブルの変化に注意を払い先ほどのベンディング。直後にベンディングで変化させたシラブルをつかいつつB♭~C~B♭
・ベンディング+音階。ドレミファソファミレドシラソラシドと吹くが、シラブルの変化に気をつける。ここでの最高音ソの時には“i”のつもりで。最初は、シラブルを変化させられるようになることが大事なので、あえて極端にせまくするのもあり。音はベビートーンと言われるかすれたような音になるけれど、コントロールできるようになることが重要だから、最初はそれでもいい。
ドレミファソラシドと書いているけど、そう歌ってしまうと音が高いところとそうでないところのシラブルが一致しないので注意が必要だ。
・この練習は全調でやることが大事。しかし、とっさにできなくて今日は割愛。

2)またまたベンディング。“a~e~a~e~a~i~a”のシラブル。“i”のところで極端に変えるのがポイント。で、リップスラー。ド~ソ~ド~ソ~ド~ド~ドだったかな。急に狭くなることで、すっと移行ができる。

僕の場合、シラブルの変化が乏しかったのと、上の音が細くならないように下の音のように吹こうとしていたところに問題があったようだ。

エチュードの練習
アーバン2巻中からピックアップ。
まずは、マーキング。音の高低で“i”=○、“a”=△などチェックを入れる。ちなみにその間をつなぐのは“e”。
チェックしたように、シラブルで歌う。そして楽器で吹く。

音域でシラブルを考えるのもひとつやり方だが、言葉で歌うときは舌はかなり動いている。楽器を吹くときもそれなりに動くことが必要。岡本先生でも、シラブルを利用せずに吹くと、3分ぐらいでばてばてになりますとのこと。

実際の曲を吹く際にも、このシラブルの考えを利用することが有効。

おまけで、楽器の持ち替えアドバイスもいただきました。

トランペット、コルネット、フリューゲルを持ち込んで、吹き比べ。

ずっとコルネットを吹いていてトランペットを吹いてみるとなんか妙。シラブルがコルネットのほうが狭いので、少し開いてやるとよくなるというので調整してみると納得。フリューゲルの場合は、コルネットをほぼ同じでいいそうです。

無頓着になっていたので、参考になりました。

レッスン風景は撮影してもらっていたので、後日DVDになってくる予定。

後は他の人のレッスンを見たり、コンビニに行ったりしてから夜のバンドレッスンへ。

さっきならったシラブルを意識すると、苦手なところもやりやすくなった気がします。

終わった後に晩ご飯を食べに行ったらついつい遅くなりました。みんなは次の日休みだから、あわせていると結構大変。

2007年8月11日 (土)

バンドレッスン

朝は早く起きれなかったので、起きてから食事、軽く自転車に。

志賀島のように走りやすくはないけど、近所でも川沿いに車や信号の数が少なめのところを見つけた。距離がそんなに長くないのと、ところどころぐるっとまわらなければならないのが難点だけど。

家に帰ってからは、洗濯や片付け、一人暮らしはなにかとやることが多い。

夕方は南市民センターへ。福岡フローリッシュブラスに、ソロコルネット奏者・指揮者の岡本篤彦先生が来られるということで。

4年ぶりかな、ほんとお久しぶりでした。

初めて見る楽譜に、高度な要求。ついていくのに必死で、頭はフル回転。どっと疲れが出ました。

終わった後は、懇親会で薬院のもつ擴へ。車を置いて向かいました。22時からというのでゆっくり行ったら、とっくにみんな食べ初めてましたよ。すぐに追いつかなくては、と頑張って食べます。やっぱり美味しいね~。

ひとしきり盛り上がって、24時過ぎに解散。帰りが通り道というT夫妻の車に乗せてもらって帰る事ができました。

2007年8月10日 (金)

博多商人塾~台風の振替

この間の台風で、博多商人塾が今日に。

人磨きの極意を学ぶ「元気なお店のつくり方」というタイトルで、ビズ・ナビ & カンパニー代表取締役社長 長田周三 氏の講義。

グループごとにわかれ、いろいろ話し合ってまとめることもあった。内容的には、なるほどと思うことも多く、管理者向けのことが多い。なんで今日に限ってうちの課長は来れないのかなと激しく思った。

終わったあとは、N川係長と飲みに。なじみの店が近くにあるそうなので、今日はそこに。

団体さんが入っていたのか、満員でちょっとだけ待ち。で、カウンターに座って料理とドリンクを。珍しく、N川係長も食べている。

僕は初めての店だけど、そうではないN川係長には料理が不満な様子。割り勘のつもりが、お金を受け取ってもらえませんでした。

一軒目がいまいちだったので、もう一軒ということで、僕の知っている春吉のアンプラグドへ行くことにしました。

コーヒーをチェイサーにそれぞれ別のドリンクを。

結構気に入ってくれたのか、杯を重ねるN川係長。僕のほうは飲みすぎな予感がしたので控えめに飲んでました。

結局、26時くらいまで飲んでしまったかな。明日の朝は起きれずに、自転車トレーニングには参加できないだろうな。

2007年8月 9日 (木)

ソーミンチャンプルー

20070809_01.JPG

料理のバリエーションてやつで、ソーメンでチャンプルー。

豚肉やピーマン、ニンジン、タマネギなどを投入して炒める。

意外にしっかり味付けしたほうがよさそう。控えめにしたら、ちょっとだけ物足りないかんじ。

2007年8月 7日 (火)

暑い…

帰宅してつらいこと、部屋には誰もいなくて真っ暗で…。

ということではなく、玄関入ると部屋がむっとしているんですよ。

温度計を見ると30℃をちょっとこえたくらい。しかも、夜になってもほとんど下がらない。

眠るのに一苦労だし、かなりつらいです。

会社のA達さんにそのことを話したら、外出するときにカーテンをしめて出ることを勧められました。

部屋のものが日焼けするのも避けられるし、やってみては?とのこと。

今日やってみると、多少は緩和されたような気がしました。しかし、今はやっぱり暑い。ただいま30.5℃

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓