最近のトラックバック

 

« 2007年12月 | メイン | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

ブリ照り丼

20080131_01.JPG

正月用に買って冷凍しておいたブリの切り身が残っていたので、レシピを検索。作ってみました。

たれは、醤油、みりん、酢を等量混ぜ合わせて煮立てるのに、うっかり酢のかわりに料理酒をいれてしまい。

最後に慌てて酢を入れました。

酢のおかげでさっぱりのはずが、こってりになってしまったけれど、おいしかったですよ。

2008年1月30日 (水)

目覚め

明け方、ちょうど眠りが浅くなったタイミングで携帯のバイブが鳴る。

なぜか、「わぁ、遅刻だ」と思って跳ね起きる。で、携帯を見るとメール着信で時間は6:16。

寝る前に送ったメールの返事、しかも夢でそのメールの内容が絡んだことを見ていた気がするのは虫の知らせ?

いつもだったら早朝メールは後から気がついて返事するけど、少し考えてから返信することにした。

送信してうとうとしていると返事。何回かやりとりをしていたら返事がなくなって、再び床につく。ほとんど起きる時間だったんだけど。

お昼はクッチョロへ。ブログにコメントをもらったから、行くことにしたのだ。

今日は、なかなか混んでます。ランチのお客さんは順調に増えているそうで、たまたま今日は多かったのだとか。課題は夜だそうです。ちょっと、人通り少なくなりますからね。なんらか仕掛けはいるのかな。

仕事の後は練習へ。家に帰って、少し休憩を入れないと行く途中でどうせ休むことになるし、いろいろ準備をしたりで出発は19時くらい。

到着してウォームアップ、合奏。TP一人はつらい。無駄なので1stの代奏はしなかったが、うまく吹けない。(音があたらない音域の楽譜を吹いても、練習にならないし、他の人の邪魔)

平日練習は、移動が往復で約2時間。練習が1.5時間ほど。

移動時間の無駄なども考えると、福津まで行かずに近場で個人練習をしたほうが効率的とも思えるのだけど。練習参加率を下げるのもなあと思うと、どっちがいいのやら。

なかなか、練習日以外で時間をとるのは難しいのが現状。

「マンションで、隣の音が気にならない作りなら、部屋でラッパ吹いても大丈夫やろ(深夜は除く)」とT原さんにアドバイスされたものの、まだ実行する勇気がない。

苦情が出るまでやっても、初回はおおめに見てくれるかな。

2008年1月28日 (月)

振り返って

20日、いつものように街の珈琲屋さんに行って、年末のライヴの話に。

書こう書こうと思って書けなかった日記、マスターも、徹夜で珈琲屋さん通信の原稿を書かねばと言っていたので頑張って書いたのでした。

マスターにメールでアップしたことを伝えたら、

「珈琲屋さん通信にblogを使わせて下さい、感動しました」との返事。

もちろんOKです。てなわけで、街の珈琲屋さん通信No.64に僕の日記から転載された記事が載っています。

元の日記は、2007年12月29日「トリプルブッキング」

前後にいろいろ書いているけど、ライヴのくだりは他の人も読んだら感動してくれるかな。

話は変わって、昨晩遅くまで定期演奏会の印刷物の校正作業をしていたから、今日はくたくた。

夕方下の売店に行くと、U山が

「ケーキ買ってください。これ今日落ち(残ったら廃棄)なんですよ。」

「え~」と言いながら、結局買ってしまうんですけどね。

とりあえず預けておいて、帰りに受け取って帰宅。

食後に食べようと思って箱を開けると、中にメッセージ

おいおい、しつこいぞ(笑)

2008年1月27日 (日)

モンゴル探訪

20080127_01.JPG

ゲルの中で、モンゴル料理に舌鼓。

飲み物は、とりあえずモンゴルビール。「CHINGGIS」というネーミングもいかしてるけど、馬が描かれたラベルもいいですね。「モンゴリアンラガー」というけれど、飲み口は結構ライトな感じ。

おすすめ8品コース一人前2,100円が、次々に運ばれてきます。

モンゴル風キューリサラダ。どのへんがモンゴル風か謎ですが、岩塩が使われているのかな。それと、ごま油のような風味。なんか美味しいです。

モンゴル風もやし大根サラダ、これもごま油のような風味が美味しい。真似できないかな~。

チーズ焼は、餅のようなものの間にチーズが。チーズ臭さはあまり感じず食べやすい。

石焼肉(牛肉)は、アツアツで食べ応えがあります。

ホーシュラ(羊肉)は、ピロシキみたいな感じ。ちょっとだけ、羊の肉の臭みがあるけれど許容範囲。

ブーズ(羊肉)は、包子と同じ意味合いなのかな。小龍包みたいで、猫舌の人は要注意。

豪快な料理、チャンスンマハ(羊の骨付き丸ごと塩茹で)。ナイフで切り分けて食します。タレがいい感じ。

しめはモンゴル岩塩焼めし。よく火の入った炒飯、美味しいです。

馬乳酒を注文した人も。器も違うので出てきて、いいですね~。味見はしなかったけど、おそらくカルピスみたいな感じだったのでは?

モンゴルの調度品、雰囲気があっていいですね。

お代わりで頼んだのは、牛乳酒(16度)。酸味のある日本酒のような味。

途中で行われたイベントは、歓迎イベント。角でできた器に入れられたウォッカを一気飲み。次の人に回していくというもの。

角いっぱい入る量ならどうしよう?と思ったら、意外にちょっとだけだったので助かりました。

うちらのグループがまわって、もう一組のグループに。そして最後、もう一杯最後に僕にまわってきましたよ。結構きたなあ。

そして、民族衣装にお着替えタイム。

女性人がお勧めしてくれたのは、黒のやつ

「むちゃくちゃ似合う~」と大好評。以前、上海、韓国、台湾に社員旅行にそれぞれお行ったときも、「お前によく似たのがおったぞ」といつも言われたものです。

実は、モンゴル相撲の格好もさせられたのですが、これは恥ずかしくて見せられません。山笠出たときより、よっぽど恥ずかしい。

で、みんなで記念撮影も。なかなか貴重な体験、面白いね~。

どこに行ったかというと、吉塚にある「モンゴルレストラン チンギス・ハン」です。街の珈琲屋さんの、仲良しグループで行ってきました。

ゲルは、お店用の大きさに作られたもので、実際に使われているものの4倍もあるそうです。

東京店もあるというから、ちょっとびっくり。

美味しい料理と、珍しいお酒、それにコスプレまで楽しめて、面白い店です。

モンゴルレストラン チンギス・ハン
福岡市博多区吉塚1-32-12
TEL092-629-5600
http://www.chinggis.jp/
営業時間:18:00~23:30
店休日:火曜日、盆、正月

2008年1月21日 (月)

今日もCUCCIOLO

20080121_01.JPG

今日のランチもCUCCIOLOへ。先日は写真も撮らなかったから。

店に入ったら、ちょうどサラリーマンたちが店を出るところ。結構お客さんも定着して来ているのではないでしょうか。

パスタランチを注文、写真を撮りながら食べましたよ。

サラダと前菜。それにパンとパスタ。今日は、キノコのカルボナーラでした。

ブログへのコメントと、mixiの足跡から、僕のブログも時間がない中見てくださったよう。

「トランペット吹かれるんですね、機会があったらここでも吹いてくださいね」

なんて、言われてしまいました。楽器を吹いても、なんとかOKな感じか。金5やるには、ちょっと狭そうだけどなあ。

胸をはって、「喜んで」と言えるようなりたいものです。

2008年1月17日 (木)

新店開拓

20080117_01.JPG

昨年は、お気に入りの店が2軒も閉店。

で、最近みつけたお店にチャレンジ。以前はガーデニングサロンだったところが、いつの間にかイタリアンになっていたのだ。

ランチがあるので、まずはランチ。パスタランチ(前菜2種、サラダ、パン、パスタ)とCUCCIOLOランチ(前菜2種、サラダ、パン、土鍋料理)がどちらも800円、迷った末にCUCCIOLOランチにしました。

プレートに軽い前菜とサラダ。それから焼いたバゲットと土鍋料理。イタリア風ポトフだったかな?熱々でなかなかおいしかったですよ。

軽く店のことを尋ねて、ショップカードをもらって店を後に。

仕事でぐったり疲れて、お昼に選ばなかったパスタが気になったので帰りに寄ってみることにしました。

まだ他のお客さんは来ていませんでした。許可をもらって店内の写真を撮る。キッチンとドリンクサーブのスペースが通路を挟んで別れている変わったつくり。お勧めを聞きつつ、メニューの中から「地ダコのミンチとオリーブ(1100円)」を注文しました。

にんにくがきいて、なかなかいい味のパスタ。ソースがもったいないから、バゲットを頼んでつけてきれいに食べました。

こちらのお店、1月5日にオープンしたばかり。夫婦2人でやっているそうで、まだまだ慣れずに大変なようです。

清水四つ角と野間四つ角の間という場所なのに、郊外の一軒家のよう。なかなか素敵な建物です。ガーデンサロンの頃に、この建物が気に入った奥様のお父様がここにお店を出すことを考えていたそうです。

僕の後にも、2家族のグループが利用していました。繁盛して欲しいですね。

イタリア食堂CUCCIOLO(クッチョロ)
住所:福岡市南区玉川町16-23
TEL:092-552-3916
営業時間:ランチ11:30~14:30/ディナー17:30~22:00(OS営業終了の30分前)
定休日:火曜日

2008年1月16日 (水)

なぜ吹けぬ

今日は、課題曲の合奏が。

僕にとっては初見。しかも、トランペットはひとりだったので、当然苦手な1stを吹かなければならない。

「こことここ、リズム同じで、こっちは吹けとうのになんでこっちは吹けんと?」

と指摘を受ける。

自分ではよくわかっている。吹ける方は、まあ音も出やすくてコントロールがきく。吹けない方は、いまひとつ音があたらなくて、音を出すことで精一杯になってしまっているのだ。(たしか、三度上の音になっているかな)

よくないことに、はずしちゃいけないと思って音をつかみにいってますます外れている。

こんな時こそ、息をまわすことを心がけなくてはいけないのに。

仕事を終わって行ったから、ウォームアップでそこまで確認することができなかったのも、曲を吹くときにうまくできなかった理由の一つ。

遅れたら基礎合奏のタイミングならすぐに入れと言われるけれど、基礎合奏中にセッティングをきちんと確認するのは難しいんだよね~。

ああ、早くまた楽器を吹きたい。

2008年1月15日 (火)

ふみ込み過ぎ?

人の悩みを聞いていたら、どうもお節介が過ぎたような気がする。

大事な友達だからこそ、あれこれ心配したりするんだけど。

若い頃と比べたら、口を挟まずにただ聞くことができるようになったと思うけど。

メールのやりとりが多いから、どうしても細かいニュアンスがわからないんだよね。

じゃあ電話は?と言われそうだけど、忙しい人やし。1.5時間しか寝ていないなんて人と、直接会って話すのもなかなか。

こっちの一方的な思いでこれ以上つっこむと、かえって本人にプレッシャーかけるかもしれない。

ばたばたしてるようだから、ちょうどメールするのしばらくやめようと思ってたし、なんかあったらいつでも連絡し~というメールでしめくくった。

今の心境的を表現する歌は、上田正樹さん「お前を救けにゆく」。J.テイラー or C.キング「君の友達(You've got a friend)」てところかな。

「なんかあったら、いつでも飛んでいっちゃ~けん。」

2008年1月14日 (月)

世間は狭い

朝から掃除や洗濯…。なんだか忙しい~。

手抜きで朝と昼は餅を焼いて食す。冷凍をかけてるけど、正月の残り。朝に3個、昼は4個。

もち好きだから、まだまだ食べれる。P秀の時は、「もち好きは痩せている」なんていう話があって、Kまさん、Tえさん、確かにやせていた。

雑煮はもち以外入ってなくていいとか、三が日で何十個も食べるなんてすごい話を聞いたものだ。

昼過ぎに携帯に着信。ディーラーの営業マンからで、代車を交換してくれるという。

たまたまあきがなくって、バンタイプでしかもディーゼルを借りたのだが、乗り心地が悪くて気分が悪くなると相談していたのだ。

で、出かけてついでに帰り際にガーデンカフェNanの木へ。

先日の日記に、あきらんさんがつけてくれたコメントのことを確かめるためだ。

プライベートになることを聞いていいのかと思いつつ、

「男の兄弟いっらしゃいます?」と尋ねてみた。

「弟が」とにこやかに答えてくれたので、事の次第を話した。メモをとってくれていたから、そのうち弟さんに話をしてくれるだろう。

ちょっと気になることが解決した気分。

注文した季節限定ワッフル「スイートポテトのメープル風味」(800円珈琲付き)はなかなか美味しかったですよ。

2008年1月13日 (日)

フェスティバル

はい、今日は吹奏楽連盟行事「ブラスフェスティバル イン ニューイヤー」でした。

お昼頃に会場のアクロスへ。福津市民吹奏楽団のメンバーが先に受付を済ませてくれてるというので、出演者リボンをもらうつもりで。

12時くらいには、と言っていたのに連絡がつかない。実は、他の団体の助っ人が終わるのが12時くらいで、ということだったのでした。

待っている間に、携帯で連絡とろうとしていたら、フローリッシュブラスのKるちゃんが別の団体(そっちが本来の所属)にまじってチューニングにむかってました。

結構待ったので、13:09からの福岡教育大学吹奏楽部の特別演奏を聴くことに。さすが、三出(三年連続全国大会出場)するだけのことありますね。

ハーモニーやリズムなどはばっちり。欲を言えば、ソロはソロの音色をとでもいうか。あれだけ吹ければ、もっともっと音楽できるように強く思う。

1団体だけ聴いてから昼食へむかう。この間も食べた西日本ビル地下のお店でランチ。

食べ終わる頃に、Kるちゃんから所属団体から解放されたとメールがあったので一緒に移動することに。

パピオに1時間前集合。福岡フローリッシュブラスの中に発足した、通称DS倶楽部が、当日練習の1時間前に行われるのだ。

じわじわ集まって、会合は盛り上がりました。で、練習へ。

準備をして、合奏と思ったら、なかなか人が揃わずに合奏開始は17時近く。結局、1曲通せないまま途中退場となりました。

再びアクロスへ戻り、福津市民吹奏楽団と合流。

しばらく時間があいた後、移動、チューニング、そして本番。

ステージ袖から舞台に出たときに、客席の前の方になんとおすぎさんが。なんで~と思いながら、顔見知りでもないのに思わず会釈してしまいました。

トランペットパート、今回はコルネット4本、トランペット3本という吹奏楽ではなかなかない編成で望みました。

まあまあ吹けたような気がする。満足してるわけではありませんけどね。

本番終わったら、ステージ裏を通ってまたチューニング室へ。フローリッシュブラスと合流、棒ネクタイをクロスタイへ交換し、チューニング。

本番は、久々のソロコルネット。楽譜がわりとやさしかったから、なんとか大丈夫でした。

楽譜どおり吹けたということでは70点くらいだろうけど、会場にあった吹き方ができなかった点では50点というところかな。

終わったら20時すぎ。どっと疲れました。

フローリッシュの人たちと、しゃぶしゃぶを食べつつおしゃべり。時にはまじめに、時にはおかしく、いろいろな話をしましたよ。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓