« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

勝利の美酒

20080229_01.JPG

ランチはクッチョロへ。夕方の色校戻しの目処もついたし、気分だけでもゆったりしたいから。

ドアを開けると、今日もなかなか多いです。指定席となりつつあるカウンターへ。

申し訳なさそうに案内されるけど、ひとりでこちらのほうが申し訳ないし、おしゃべりもしやすいから結構気に入ってます。

パスタランチを食べ、食後にはまたまたサービスが。

ご主人お手製、「ボネ」というイタリアのお菓子だそうです。

イタリアンだから、デザートでなく“ドルチェ”というべきですかね。

ムースのような、プリンのような不思議な感じ。チョコ系の味だけど甘すぎず。

たまたまこのタイミングで手があいたので、ご主人と料理の話をすることができました。

本場イタリアンやフレンチのデザートがすごく甘いのは、料理に砂糖を使わない分を摂取するために甘いという話。なるほど、役割が違うから、同じに論じることはできませんね~。味覚の違いだけではなかったのです。

中華料理人は、中華包丁だけで普通の料理から細工までこなすのはすごいとか、足で火力を調整するバーナーの話とか。

出身がどこかなんて話までして、楽しく過ごすことができました。

店を出ると、少し雨がぱらぱら。

夕方印刷に戻すやつがあって、その後もいろいろやっていたらついつい20時過ぎ。

ちょっと人を誘って飲もうかとしてて、断られたんだけど結果的によかった。

家に帰って軽くうとうとして、雨の中歩いて春吉へ。

仕事が一区切りだから、なんか祝杯をあげたい気分だったからアンプラグドへ。

ちょっと通りを間違えて30分ちょっとかかったけど、知らない店がまたあるのを発見。

こんな天気だから、お客さんが…。先週とは大違い。

生ビールを頼み、麺に唐辛子が練りこまれた麺を使った明太パスタをオーダー。

辛いのを覚悟していたパスタ、結構大丈夫。ビールがなくなったから、コロナビールを飲みつつ食しました。麺と具・食べ方の組み合わせにわがまま言えるのは、面白い。

3杯目はカナディアンウイスキーとコーヒー

どうせ違うものを飲むならと勧められたカナディアンウイスキーは、「アルバータ・スプリングス 10年」。

CCと略されるカナディアンクラブのほうが名は知られているそうですが、こちらのほうがお勧めというので迷わず。

あんなに苦手だったウイスキーやバーボンも美味しいと感じられる、今日この頃。

それなりに年をとったということかな。

先週も会った、サッカーをやっているというHしくんがやってきた。明日の貸切の打ち合わせらしい。

少しして、専門学校の後輩という学生もやってきて3人。

彼らが帰ったあと、どういう人かとTくさんに尋ねてみると、近くの専門学校の卒業生で年齢が25歳くらい。

もしかして、と確認してみると、高校の後輩で今も楽器を一緒にやっているY里の同級生。ほんと世間は狭い。

もうやんだかと、店を後にすると結構ふっている。

途中ラーメンを食べ、歩いて家まで。

厳しい一週間が終わった~。

2008年2月27日 (水)

ワークショップ

社内研修で、チームに一人配置される書記という役割をやっています。

今日が5回目で、4回の参加。

同じチームになったM田さん、以前S木係長から話は聞いていたけど、フルートをやっているそう。

店舗が移動になるので、所属団体探し中。土日なかなか休めないから、平日練習があるところがいいとのこと。

うちのバンドに誘えないのは残念ですね。

そんな話をしていたら、Hらさん、中学高校とトランペットを吹いていたそうです。出身は宮崎とのことでしたが。

お二人とも初対面ですが、共通話題があると話しやすいですね。

チームには会社の大先輩、人前で話すのが苦手な方、いろいろな方がいらっしゃいます。

6~7名の3チーム、それぞれのグループにカラーがあります。

午前中のセッションを終えて、昼休みに運営側でうちあわせ。午後に備えます。

で、午後もずっとやって終わったら18:00過ぎ。片付けや反省会をやり、そこから通常業務を。

20時過ぎまで仕事をして、疲れてそこでうちどめ。

先に出たメンバーと合流、ワークショップに参加した面々です。

N川係長、T田さん、H崎主任、N野主任、K村さん。

着いたときには、にぎやかにやってました。

「最近俺出てないだろ、州風'sルーム。」

と、絶好調のN野主任。トークも炸裂しています。

まずはビール、それから焼酎。よく飲む飲む。

「今日はH崎主任が主役だから、歌を聞かんと」とN野主任。次はカラオケに行こうとしきりに言います。

話によるとH崎主任、玄人はだしの歌らしいです。

「お前さ、女にとって男は優しいだけじゃ安心できんとぜ。ちゃんと自分の気持ちを伝えんと」と唐突にN川係長。

いきなり違う話題に面食らいましたが、次に人を好きになったときは、優しいだけで終わらないようにしますね。

じゃあ次に、とお勘定を済ませていたらN野主任がいません。トイレかなと外に出るけど出てこない。

様子を見に行ってみるとおらず。何時の間にか消えてました。

しょうがないなあと、カラオケに行くのをやめて次の店へ。

うちからも近い店へ入ることに。

ここでも焼酎を飲みつつ、主に仕事の話。まじめな内容だけど、店長やってるK村さんの話は興味深かったです。

24:30に店を出て、解散。ちょっと飲みすぎたかな。

2008年2月26日 (火)

やりたいことが、見つからない

これだけ趣味があって、何をと言われるかもしれません。

そう、趣味的なことではやりたいことが多すぎて困るくらい。

しかし、仕事ではそうもいかず。

「これがやりたい」と思えるものがない。

自分で思っているより、周囲からの能力評価は高いようである。

「仕事に対する欲がないんだよな~、なんでもできるのにさ」とE課長。

たしかに、手を広げようという意思は強くないし、だから器用貧乏的になっているのかもしれない。

しかし、反対側のポジションに行きたくないのにも理由がある。

今自分がやっていることを、同じレベルでできるひとがいないからだ。

今のAのポジションから自分が反対側Bに回ると、当然自分が一人二役でAB両極の仕事をやらないといけない。そのうえこれまで通り、周りはAの仕事を依頼してくるはず。そうなると、にっちもさっちもいかなくなるのは目に見えている。

Bのポジションで優秀な人は多いけど、Aのポジションで優秀な人はなかなかいない。(組織的にBの人は多く求められるけど、Aは少なくて済むというのも事実か)

仕事の効率を考えると、A側のパートナーがいないとつらいから、Bに行くのは気が進まない。(昨年の定期演奏会実行委員長がまさにこの状態だったかな)

ほんと、人生どうするか、年齢的にも考えないと。

「世捨て人になってないか?」とE課長にもつっこまれたし。

先日の日記にも書いたけど、どうも契約上の認識のずれははっきりさせたほうがいい気がする。

2006年1月19日に、転職支援会社からのメールをプリントしたものが出てきたのだが、僕の認識通りの内容になっている。

入社前の説明のメモ、メール、入社した時の説明メモ。どれも一致しているのだから。

とまあ、こんなときには気分も感傷的になる。

「薔薇のない花屋」、主題歌は山下達郎さんだし、竹内 結子さん出てるし、なんとなく見始めたんだけど、どんどんシリアスな方向に。

脚本が野島伸司さんだから、また救われないエピローグになるのかとも思いつつ。

「ハチミツとクローバー」、アニメとか実写の映画のときは見なかったけど、これもなんとなく見てる。

主要メンバー全員が片想いなんて設定は、ちょっと前の自分にぴったりなところだし、生田斗真演ずる竹本 祐太が、「目的地がない」とか「好きなことが見つからない」なんてのは仕事での自分とかぶってたりする。

こういう気分だから、余計に気になるんやろけど。

しかし、あの年齢で大学生役をやってしまう成海璃子ちゃんていったい。

2008年2月25日 (月)

これも義理

20080225_01.JPG

今日も朝からばたばた。

やろうと思っていたことに取り掛かる前に、別の仕事が舞い込んできてしまった。

量的にたいしたことがないかもしれないけど、外注にきちんと依頼するためには下準備が結構ある。

別の関連あるものとあわせて準備したら、1時間はとられてしまった。

午前中はチームミーティング、お昼を食べてから作業あれこれ。営業にも制作物に関しての意見を聞いて。

夕方になんとか、戻すことができました。

もう少し仕事をしたかったけど、なんか疲れて退散。

さて晩飯、と思ってなんとなくマックへ。

マッククルーをやってる子から、三角チョコパイの引換券をもらっていたのでした。

バレンタイン前のタイミング、「わざわざ来てくれた州風さんには、これあげます」と言ってくれたもの。

あっちはバイト中だったし、メッセージもないカードだったけど、嬉しい義理チョコやったかな。

遅ればせながら、使わせてもらいました。

2008年2月24日 (日)

福間サンテラスSUN SUNステージ

目覚めると、外は雪がちらほら。車ででかけるのに大丈夫かな。

集合は10時にしているけど、少し打ち合わせが必要なのでそれより早めに公民館へ。

うちのメンバーはまだやね、と思いつつ、ホールのSんさんとサンテラスの方と軽くうちあわせ。

それからリハ室に集合して、点呼と連絡、練習へ。

昨日散々やったから、まあ演奏はそこまで心配なし。天候と、ステージの流れは気がかり。

少し早めに終わって、ステージのセッティングを確認して昼食。

なんか落ち着かないもの。貴重品を預かり、リハ室を最後に出てステージへ。

ある程度は流れで各自に動いてもらう。

演奏自体は悪くなかったと思う。サンテラスの仲間が一緒に歌った曲の、歌と演奏のバランスがどうだったか気になるところだけど。事前にあわせることができなかったから仕方がない。

一度はけて、別のステージがある間リハ室で待機。

ぼ~としているかと思いきや、ストレッチ大会が始まったり、定期演奏会の企画のおどり練習が始まったりで退屈しません。

僕がひきいれた高校の後輩N野。えらく踊りがうまい。実は、バレエやダンスをやっていたことがあるとか。なるほどね。

フォームがきまってる。

で、僕は何かやるかって?それは秘密。気になる人は当日来て見て下さいね。

時間がきて、ふたたびステージで演奏。

終わったら一度楽器をおいて、ステージの片付け。みんな慣れているから、あっという間でした。

ミーティングをして、サンテラスさんからいただいたお土産をわけて解散。

企画の出演メンバーは16時からふくとぴあで練習というので、待ちの間そのままリハ室をつかわせてもらいました。

床にのびているUこを発見、つらそうなので肩や首をもんであげましたよ。よくこってます。無防備な肩を見ると、思わずマッサージしたくなるのですが、異性だとセクハラになりかねんのでなかなか言いづらいところ。

今まででは、大好評でやってという人が増えて大変なことになることが多いです。

他人はうまくできても、自分自身はやりづらいのが悲しいところ。

残っている人とちょっとおしゃべりをして、公民館をあとに。

今日は珈琲屋さんが休みだから、Nanの木によってみました。

コーヒーと「チョコっと ひと休みセット」を頼んで休憩。お替りをして、2杯のみました。

昨日遅かった上に、今日もゆっくり寝られなかったから、ちょっとうとうと。

帰りはすっきりして運転できました。

明日からの仕事も、頑張らねば。終われば、ちょっといいことあるはず。

2008年2月23日 (土)

前日なのに

月曜に少しでもスムーズに仕事が進むよう、ちょっとだけ会社に出て仕事。

それから福津へ練習に。

17時にはついているつもりが、少し遅れてしまう。明日のイベント準備は一応終わっていて、軽くうちあわせ。ステージ配置とか、音楽スタッフでかっちり決まっていると思ったら、違ってました。そこまで面倒見るのは、今の自分の状態ではつらいところ。

サンテラスの方とも話をして、夜の合奏の時に来てもらう話をして、演奏会情宣活動へ。それが終わったら打楽器搬入。練習。

合奏の最初は、サンテラスの方がいっしょに歌う曲の進行確認。アレンジの関係で、歌詞とあわない部分があるので調整。

その間は楽器を吹かずに客席でG田さんと、サンテラスの人とあ~だこ~だ。なかなか楽器に専念できません。

それが終わって、ようやく合奏へ。イスや譜面台を片付けなくていいので、ぎりぎりまで合奏でした。

練習後は、T村さんとT原さんとガストへ。よせばいいのに、25:30ころまでいろいろしゃべってました。ははは。

家に戻る前に、郵便局の窓口で簡易裁判所からの郵送物を受け取り。

昨年の交通事故の罰金が書かれているはず。

家であけて、金額にびっくり。まあ、軽傷で済んだとはいえあちらには3人乗っていたし、状況的には赤信号を無視したことになるから仕方がないのだろう。

幸い払える金額なのだが、分割はできないというし、お金がなかったら最悪だったろうな。

肝に銘じて、安全運転に努めることにします。

2008年2月22日 (金)

日日是好日

20080222_01.JPG

これは、親友であり東京でシンガーソングライターをやっているクボフミトくんのアルバムタイトル。(同名曲収録)

今日は、3月にむけたチラシの撮影もろもろ。夕方スタジオに写真のチェック、戻って新聞折込の業者と打ち合わせ。

で、いろいろ事務作業をやっていたけど終わらない。19:30も近まって、あきらめて会社を後にする。

向かうは、西中洲にあるTUPELLO。クボくんが久々に戻ってきてライヴをやるというので、行くことにしていたのだ。

同級生に声をかけてみたけど、スケジュールあわずで一人。

お店に入ると、いましたいました。高校の先輩でドラマーでもあるT畑先輩、クボくんを通じてしりあったベースのT中さんも。

どうせトリやろうし、遅れてもいっかなと内心思っていたら初っ端にやるとのこと。20時に間に合うように来てよかった。

チケット2000円、要1ドリンクオーダー500円。CDが1500円というので、それを購入して4000円ちょっきりにしてみました。

カウンターに座り、ドリンクと軽くフードを注文してしばし待つ。

しばらくしてスタート。久々の福岡のせいかな、なんかちょっぴり緊張しているようでMCかんでます。

ギター1本で歌う姿。いいね~。うまくなったものです。

なんかあっという間と思ったけど、当人に言ったら40分くらいはやったよとのこと。

お次は、「河口実知子ラヴィシェリー」。ラヴィシェリーというボーカル&ピアノのユニットに、T.Saxの河口さんの3人。フランス語が主体で、なかなかこういったライヴでは珍しい感じ。

それから「さとうゆうじ」。MCひっぱり気味で、よくつっこまれてましたが、歌もギターもなかなか。旅に出るそうです。

最後は、さとうゆうじさんに、クボくんとベースが加わった3人編成で。最後まで盛り上げてくれました。

終わって、クボくんとちょっと話。残念ながら嫁さんは、明日から福岡入りというので携帯の写真を見せてもらいました。かわいらしい感じの人。ちっちゃいらしいです。

そのまま打ち上げと言ってたけど、お暇させてもらいました。今年は年に数回はライヴに来るつもりというから、また。

少し何か食べて帰りたいので、春吉のアンプラグドに寄っていくことに。

中に入ると、テーブルに団体さん、カウンターにも3人座っていてちょっとにぎやか。

おすすめのバーボン(エライジャやったかな)と、ちょっとおつまみ程度のものをオーダー。

お久しぶりの挨拶をしつつ、12月のネットの記事の話をして、盛り上がる。

隣の男性、学部は違えど大学の後輩で博士課程だとか。就職関連で悩んでいるとの話で、僕の経験も少し話させてもらいました。

で、その隣の女性は某新聞社のエリア情報を扱っているそうで、演奏会のことを話すと、東エリア担当に情報を流してくれるというのでチラシをお願いしました。

結構酔ってらしたけど、楽し気な感じの方でした。

お替りは、エヴァンウィリアムスの赤ラベルとコーヒー。さっきとはまた違う味わいです。

カウンターにもう一人座っていた女性。どうも宗像のほうの人らしく、チラシをもらってもらいました。

ひとしきりしゃべって、お店を退散。25:30くらいだったかな。

なんとなくの気分で、そのまま裏道を通りながら歩いて帰宅。30分もかからずに到着して、びっくりしました。

なかなか、刺激的な一日。

2008年2月21日 (木)

つらい

体が重いのなんのって。

たまる一方の仕事をあきらめて、会社帰りに整骨院へ。

気持ちよくほぐしてもらって、疲労回復にとトンカツを食べ、帰宅。

お風呂からあがるときに、少しバランスをくずしてよろめき、転びはしなかったけど急な力がかかったためか、右の首筋から肩甲骨にかけての筋が痛い。

せっかくほぐしてもらったのに、参ったね。

ミニ演奏会予告

福間サンテラスさんのイベントに、福津市民吹奏楽団で参加させていただくことになりました。

福津市民吹奏楽団の演奏自体は40分程度だと思われますが、お近くにお越しの際は、ちょっと寄ってみてくださいね。

☆★☆福間サンテラスSUNSUNステージ&チャリティーバザール☆★☆
日時:2008年2月24日(日) 13:00~
会場:福津市中央公民館ホール・ロビー
出演:福津市民吹奏楽団、岩田和彦さん(フリーシンガーソングライター)、サンテラスの仲間たち
入場料:無料

※楽団の掲示板からテキストをコピーさせていただきました。

2008年2月20日 (水)

Standby

クッチョロのマイマイさんが、先週の日記にコメントをくれて、心配されてるかなと思ったのでランチに行って来ました。

扉をあけると、今日も多いです。マダム率が高かったような。曜日によって違うのかもしれませんね。

カウンターですいません、と言われながら座ります。一人だから、かえってカウンターの方が落ち着けるんですけどね。2人以上で来られたお客さんが、がっかりして帰るの見るとつらいですから。

今日は、パスタランチをえらびました。サルシッチャ(イタリアンソーセージ)とキノコのクリームソース。

もちろん、おいしくいただきましたよ。

「州風さん、今日はコーヒーと紅茶どちらになさいますか?」ときかれコーヒーに。

実はサービスでつけてくれてるんですけど、先日は時間がなくて飲めずに立ち去ったものだから、早めに聞いてくれたのでした。

調理の手があいたのか、ご主人が洗い物をしにカウンター前にこられてちょっとだけお話させてもらいました。

風邪のために喉の調子が悪くて、声がでにくかったのが残念。思うようにしゃべれませんでした。

月曜日に雑誌の取材が2本あったそうで、どうだったか聞いてみると、「自分は作るだけですから、写真はカメラマンの方におまかせですよ」と謙虚なお答えが。どんな記事がでるのか、とても楽しみです。

「州風さんのブログって、面白いですよね」とマイマイさんからは、このブログへのお褒めの言葉が。

旧知の仲ではないのに、面白いといっていただいて嬉しい限りです。自分では面白く書こうとは思ってないけど、僕なりの視点を受け入れてくれる人には、面白いと感じてもらえるんでしょうね。

この間プレゼントしたミス・ブラジル、まだ飲めていないそうです。コーヒーミルを持っているものかと、粉ではなく豆にしたのですが、実は持っていらっしゃらなかったのです。無難に粉にしておくべきでした。ミルを必要だとは思っているとのことでしたので、近々感想を聞けると思います。珈琲屋さんにも機会があれば行ってみたいとおっしゃっていますし。

会社に戻ったら、いろいろとやることがたくさん。ここのとこ疲れているのか、頭の回転がにぶくてスピードがあがらない。

定時である程度終わったのだが、手付かずの社内制作POPとチラシがあって、月内に完了させるには今週一回校正を見せないとつらい。泣く泣く残業することにしました。

なんとか終わって、片付け始めたのが20時過ぎ。また練習に行けなかった。

他の人が帰ったのを見計らって、N次長が近づいてきた。

今後のことについて、耳にいれておきたいことがあるということで。

ひとつは年俸のこと、ひとつは契約上のこと。

年俸のことは、飲みがたいが仕方がない部分もあることは認める。しかし、契約のことで認識にずれがあることがわかった。

正社員と同待遇ではあるけれど、準社員という立場。で、正社員になれるかどうかの裁定時期の認識が違っていたのだ。

採用のときにも、転職支援の会社の説明と違っている部分があり、そこは納得して入ったのに今度はこれか。

帰って、2006年1月13日のメモを探し出してみたのだが、今度の4月15までが準社員期間で、その後問題なければ正社員と記してあるんだよね。

「この会社は、ステップアップの一環ですか?」

「それは会社次第です」

「年俸はここからスタートですが、希望額になるよう頑張ってください」

というやりとりが、なんだったのか。

なんか違和感を覚えつつ、そこから目をそらしている気がしていた今日この頃。

Take offのために、Sleep状態からStandby状態へ移行するタイミングが来たのかも。

よりによって、仕事も市民吹奏楽団も忙しい時期に。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓