« 給料日後 | メイン | 夏祭り »

2008年7月29日 (火)

慌てない、慌てない

午前中に済ませることがたくさんあり、ばたばた進める。

Macで作業して、プリントしている間に別の作業を進めてと、頭も体もフル回転。

「それがお前の能力じゃないか!」とE主査に言われるも、ものすごく疲れる事。

P秀時代は、机にMacとWindowsを並べ、どっちかが処理待ちの間にもうひとつで作業なんてこともよくやってましたけどね。

ふと思うと、P秀と同じ感覚でやっていては身が持たない。

前は、編集者や営業マンが要望をある程度噛み砕いて話しに来ていたのを、今はクライアントと直で話しているようなものなのだから。

人の何倍ものスピードで仕事をこなしても、そのスピードで一日中走り通せなければ残念ながら評価されないだろう。

一日にこなせる仕事の量が決まっているのなら、それを無理に早く終わらせても残った時間は疲れてぼぉっとしているしかない。

今日は、心療内科へ行く日。

歩いて行く途中Cadetteの前を通りかかったので、ちらりと中を見ると入り口に背を向けてノートPCに向かう姿が。マイミクの、ayuko♪さんかオキさんのような気もしたけど、時間も気になり素通り。

今のところまだ入ったことがない、雑貨やアクセサリーのお店。女性へのプレゼントを探す機会があれば、行ってみようと思いますが。

てくてく歩き、高宮通り沿いのジェラート屋さんに寄ってみる。

ちっちゃなお店だけど、店頭には10種類ほどのフレーバーがあって、カップかコーンを選べる。常時出していないだけで、味はもっとあるみたい。

珍しいので、「宇治抹茶」ならぬ「京都宇治ほうじ茶かのこ」をチョイス。

ほうじ茶は好んで飲むわけではないけど、これはあり。かのこ豆の食感も面白い。暑いのとお腹がすいてつらかったので、ちょうど良いブレーク。

で、心療内科で診察。

今日の一日を見透かされたかのように、無理をしないように、いい意味で手を抜いてくださいとのアドバイス。

そうそう、僕がちょっとさぼった位は普通レベルでは十分仕事していることになるだろう。

会社が壊れても、自分が壊れなければ、自分自身はなんとか乗り切れる。

僕が壊れたら、残念ながら会社が僕のことを守る事はできないでしょう。

帰りは西鉄でえいやっと戻って、整骨院にも寄る。

相変わらず足の調子が悪い。青竹踏みなんかで、足底筋をはじめとした足裏の筋肉をよくのばすアドバイスをいただく。

冷たいものの取り過ぎは、内臓を冷やして夏バテのもとなどの話も。

こまめな水分補給は必要だけど、冷たいものはほどほどに

帰宅すると、楽しいBBQのお誘いもあり。

暑さが落ち着くまで、うまくやっていきましょう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/15819632

慌てない、慌てないを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓