最近のトラックバック

 

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

お通夜

朝起きると、軽く喉が痛いし、体もだるい。
そのまま、お昼まで寝てました。
昼食を食べ、掃除なんかをして身支度して出発。
西鉄電車で小郡まで。手前に、ひとつ知らない駅ができてるし、降りたら別世界。
いったん家に寄って一緒に葬儀場に行く予定が、迷いました。しかも、先に出てしまったそうで、引き換えして向かいました。
久々に会う母方の親族、祖母の遺影は、父が10年ほど撮影したものが使われてました。そんな予感はしてましたが。
終わっていったん帰り、明日の朝ふたたび葬儀に向かいます。

2009年1月30日 (金)

嫉妬

僕も人であるから、色々な感情を持ち合わせるわけであって、近頃頭をもたげてくるのが「嫉妬」という感情。

FFBで演奏をしているとき、他のパートや楽器軍に素敵なメロディーが割り当てられているとき、

「なんて美しい旋律なんだ」

と強烈な嫉妬を覚えることがしばしば。

同じ金管楽器同士だから起きうる感情なのか、パートや楽器のコンバートが結構ありうるブラスバンドだからなのか。

※コルネットが吹ければ、フリューゲルホーンはとりあえず吹けるし、ハイトーンが苦でなければソプラノコルネットへのスイッチも可能でしょう。少し慣れればテナーホーンくらいまでは、なんとかなるようですし。

「州風さん、認めちゃいなよ」

と、吹奏楽とブラスバンドのかけもちをやめることも示唆されたりしちゃうけども、どちらも違う演奏形態とととらえているからこそ、続けていたり。

大好きなブラスバンドでも、弱点はあるわけで。

金管楽器群だからこそ、美しくサウンドがブレンドするのだが、反面音色変化に乏しいところはある。

「オーケストラの魔術師」の異名をとる、ラヴェルのオーケストラ曲のアレンジだと、あんなに色彩豊かなオーケストレーションが、モノクロと化してしまうらしい。

そこは、木管と金管という違う楽器群が存在する吹奏楽のほうが分がある。

まあ、本当のことを言えばオーケストラの曲はオーケストラが一番ではあると思うが。

オーケストラでは、一度も演奏経験がないのがなんともいえないところ。

でも、好きだと思うフレーズは、弦楽器が担当しているのがほとんどな気もするんだよね。

そうなると、オケで吹いても自分の気持ちは満たされないだろうな。

と格好のいいことをつらつら書いているけど、「嫉妬」という感情は当然対人的にも起こるもの。

前にアンプラグドで飲んでたとき、若者が

「この間一緒に飲んだときのこと、覚えてないんですけどどんなんでした?」と聞かれたものだから、

「○×○ちゃんの手、どさくさに紛れて握ってたやろ。スナックとかでもそんなんしてるんやない?」て突っ込んでたら、

「州風さん、それは嫉妬だよ」とNぶ姉からピシャリ。

○×○ちゃんは、恋愛対象としてみるにはあまりにも若いけれど、可愛い子ちゃんであることに間違いは無い。

その子が他の男性と仲良くしていると、どこかで妬いちゃってるんですよね。

認めたくはないけど、本音はそうかな。

まったく別の集まり、みんなで飲んだり飯を食いに行くときに、帰りに送ったりと別の時間に話せるから、他のメンバーとコミュニケーションをとってもらったほうがいいやと思いつつ、特別な関係ではないその人が、別の男性と仲良くしていると心中おだやかでないこともたまにある。

これは、立派な嫉妬でしょ。

かといって、その場で隣に座っても、平静を装って普通でしかいられないんだろうけどね、結局。

と、呑気なネタを書いておりますが、明日の夜は亡くなった祖母の通夜。

明後日は、お昼前から葬儀になっております。

今日は今日で、進んでない仕事に取り組む予定なのに、制作物の依頼や、外部からの掲載依頼でいっぱいいっぱい。

P秀時代の先輩から電話を受けたのには、ちょっとびっくりしましたけどね。

時間がない物件だったけど、なんとか協力できてよかった。

2009年1月29日 (木)

訃報

19時近くになって、携帯が鳴りました。家からです。

今日の17時過ぎ、母方の祖母が亡くなったとの事。

インフルエンザにかかってしまい、年齢的にも回復するのは厳しいだろうと日曜に連絡を受けていました。

お通夜やお葬式の日程は決まっていないけど、この週末というのは間違いないでしょう。

ごくごくたまにしか帰って来れない姉は、帰省のたびに祖母のところに顔を出していました。

それに比べ、行こうと思えば会いにいけるのに全然顔を見せなかった自分。

子どものころは、たまに里帰りしてたけど、年齢が近い子たちがいて一緒に遊んでいたから、意外に祖母とはからんでなかったような気がする。

腰はかなり曲がっていたけど、しゃきしゃきと動いていたおばあちゃん。

それが強い印象として残っている。

明日はおそらく残業ができないので、頑張って仕事をして帰りました。

2009年1月28日 (水)

峠越え?

朝一から、またまた仕事に忙殺される。

お昼は銀行と郵便局に行かなくてはならなかったので、その後にマクドナルドでさっと済ませる。

なんかメニューが見にくくて、オーダーがしづらかったかな。

お昼休みの後も、がーっと仕事をしていたら受付からの内線電話で我に返る。

15時から来客でした。

某代理店の営業だったんだけど、こちらが知りたい情報と、あちらが売り込みたいことがずれていたので、あまり参考にならなかった。

ウェンツ似の営業マンよ、途中で気づいたなら早く切り上げてくれ。

今すぐにはお願いすることはないけど、この先を考えて必要な情報の提供をお願いする。

夕方には、久々に後輩から携帯に直電。

これまた、営業のお電話。

某代理店にいたのだが、精神疾患になって3回ほど倒れ、退職して今のところにいるそうだ。

彼がそんなことになっていたとは驚きだが、誰にでもなる可能性があるということだ。

倒れないだけ、自分は強いのか、しなやかなのか…。

つい先日、

「自分も精神のバランスを崩したことあるけど、弱いと思ったら駄目なのよ」

なんていう発言を目の前でされて、ゲンナリした。

ご本人は、それで回復することができたのかもしれないけど、強者の論理にしか聞こえない。

僕がそうだとは知らないのだろうけど、ほんとまわりの人の気持ちをわかっていないというか。

今日もみっちり残業。

ごはんを炊いていたら遅くなるので、ほか弁を買って帰宅。

2009年1月27日 (火)

大病院

大きな病院に行くのは、正直生まれて初めてか。

いや、産まれた病院はそこそこ大きかったはず。

朝一で日赤病院の、口腔外科へと。

8:10から受付開始。その時間には、すでに結構並んでいました。

初診なので、受付用紙に書くところから始まって時間がかかる。

口腔外科自体は、そんなに患者さんは多くなかったです。

診察して、レントゲン撮影でレントゲンの場所に行って、また戻って。

広いだけあって、自分も慌しく動かないといけないし、まわりも慌しい。

今の状態で親不知を抜くには、まず歯茎を切る必要があって、骨が引っかかっている感じなので、歯を割ったり少し骨を削ったりの必要もあるかもしれないという。

こればかりは、やってみないとわからない世界。

麻痺が残る可能性は1%くらい。数ヶ月でだいたい治るというけれど。

来週末に抜くことにして、予約をいれる。

会社に着いたのは、10時くらい。昨日申請しなかった残業で調整してもらう。

といっても、仕事は山積みです。結局は今日残業をつける羽目に。

お昼は、寿司屋の親子丼450円なり。

玉子丼なら400円、カツ丼でも550円だからお得なプライス。

晩御飯の後に、小腹が空いたので冷凍バナナを使ったデザートにチャレンジ。

バターは無いのでマーガリンをフライパンで熱し、グラニュー糖を投入。

それから冷凍バナナをソテーして、最後に財宝の「おいしいネ。ゆずだもん。」を入れてしばらく煮てバナナを取り出す。

それからさらに残ったソースを煮立ててから、バナナにかける。

発想はよかったのだけど、冷凍バナナを使ったのは失敗か。

水分が出て果肉が小さくなるし、食感がものたりない。

「ゆずだもん」はいただきものだけど、ほとんどジュースを飲まないから減らないんですよね。

冷凍バナナは、水分のことを考えると牛乳と一緒にバナナジュースとかがいいのかな。

あまり冷たいものをとりたくはないので、ホットミルクでバナナセーキ風にしたらいいのかな。

もう少し冷凍バナナ残ってるから、今度やってみよう。

2009年1月26日 (月)

週明けからフルスロットル

土日休めたものの、出勤するとやること山積み。

午前中のミーティングですでにぐったり。

言われている事は、たしかに的を得ているとは思うものの、素直に受け取れないのは発言者のこれまでの行動のせいか、野生の勘からなのか…。

残業をしたけど、明日朝一で歯医者に行って遅刻をするので、調整用に残業申請出さず。

ふと思い立って、2009年1月15日に大名にオープンしたトーホーのスーパー「トーホー デリース天神店」へと行ってまいりました。

ネットにあまり情報がなくて、とりあえずトーホーのニュースソースはこちら

知人が、オープングスタッフとして30日まではヘルプで出張して来ているので、どうせ行くならその間にと思って。

実は今、緊急事態が発生しそうな状況。

そうなってしまうと、まず伺えなくなるので先に行ってみたのでした。

明治通り沿い、以前はアペティートが入っていた場所。

オンワードの向かいになります。

天神側の入り口から中を見ると、知人がいるのが見えたので、赤坂側のほうから入って中を見ます。

いまだに食品類の相場を覚えきれないので、安いか高いかぴんとは来ないが、天神だからといって高いわけではなさそう。

知人がいるのはベーカリーカフェ。

レジの中にいらっしゃったので、タイムサービスでどれでも3個300円になったパンを買ってレジへ。

後ろに人が並んだので、ちょっとだけ会話を交わして去る。

カフェと言っても、出口のところに席が並んでいるのであんまり落ち着いて利用はできないかな。

イメージ的には、パン屋さんのイートインコーナーのような。

ドリンク類はちゃんとしたコーヒーを出しているようですが、値段は抑えめかと。

近所で利用するなら、ありかもしれませんね。

こんなところにスーパーが、というのが成功するのかは興味津々なところです。

帰宅して洗濯物を触ると、湿っている。

この低温と雨じゃ乾かないか。

晩ご飯を、買ったパンとコーヒーで済ませ、物干をベランダから移動し部屋干しにする。

エアコン入れてるし、物干の下からサーキュレーターで風を送ると結構乾いてる気がします。

もっと早くすればよかった。

1/25 出動

さあ、風呂に入って寝ようと思ったら、窓の外からかすかに非常ベルの音。

またかと思ってベランダに出ると、先週と同じマンションだ。

24時前、窓を閉めたら眠れるレベルだけど、また1時間もなりっぱなしだと近所迷惑だし、先日エレベーターで話した女性は妊婦さんのようだったので、身体に障ったらいけないだろうし行ってみる事にする。

ベルが鳴っているマンションでは、廊下に出て様子を見ている人もいる。

外に出て来た住人に声をかけ、中に入れてもらって管理人室内の火災報知器受信板で地区音響をとりあえずとめさせてもらう。

発報しているのは、4階の4つの部屋のどれからしいが、どうしたものか。

いったん4階にあがってみたけど、煙も臭いもしない。

一部屋ずつ尋ねるか?と思ったら消防車が到着。

誰か、通報したんやね…。

下におりて、消防士さんに状況を説明して様子を見る。

結局、エレベーターホールの煙感知器が誤作動していたようです。

自分の住んでるマンションじゃないし、本当の火災だったら大事なので、あまり手出しができないところ。

火災報知器受信板で場所を確認して、現場確認、問題なければ音をとめて警備会社へ。火災なら119番て手順をふめればいいんですけど。

ついつい、119番してしまいますよね。

うちのマンションで起こったとき、冷静に対処できるかな。

何事もなくてよかったけど、またもや寝るのが遅くなってしまった。

2009年1月25日 (日)

写真展

20090125_01

またまた、写真展に出品します。

「カフェあぴ〜第三回 みんなの写真展」

【日時】2009年2月1日(日)〜15日(日)

【会場】「カフェあぴ
福岡市中央区平尾2-6-1
TEL:092-521-8246
営業時間:12時〜22時
定休日:火曜

今回のテーマは「建物」。

今まで撮りためたデータを閲覧して、使える画像を見つけて5枚絞り込みました。

プリントすると、いまいち写真の良さが伝えられない。

プリンタとMacの調整をしきれていないためなのだが、なんだか。

写真を持ってあぴへ向かう。

1階席が空いていたので座って、写真を提出。

昨日、街の珈琲屋さんマスターご一行が写真を持って来られたそうです。

今朝はI村さんも来られたとか。

せっかくなので、冬季限定「いろいろ豆のぜんざい」をいただきました。

緑豆とかいろいろ入っていて、黒糖ときな粉の風味がいい感じで美味しかったです。

ひとしきりしゃべった後、今度は街の珈琲屋さんへ向かいました。

ちょうど、コーヒーが切れかかっているので。

昨年のクリスマス会のときに、僕がプレゼントしたものをヒントに商品が企画されているそうです。

ちょっと嬉しい気分と、実際に使ってみたいなという気分です。

世間話で景気ネタがありましたが、コーヒー業界では今、プレミア系の豆の家庭消費需要があがってきているそうです。

そう、「ブルーマウンテン」とか高級と言われるやつです。

お店で頼むと、平気で1杯1,000円近くとられるブルーマウンテン。

例えばここ、街の珈琲屋さんだと1,470円/gです。

100gで約10杯飲めるとしたら、1/5程度の価格。

不況だからこそ、伸びている需要とも言えるし、家庭でコーヒーを入れる事を敷居が高いと感じなくなっているのかもしれません。

缶コーヒー→インスタントコーヒーと、ステップアップしてきた人が、次のステップとしてレギュラーコーヒーを選んでいるのもあるのでは、とはマスターのお言葉。

僕の場合、インスタントコーヒーは会社でしか飲んでません。

先日、なんのコーヒーを飲んでいるか会社で話してて、インスタントの銘柄ばかりが出て来る中、さすがに家ではインスタント飲んでないとは言えなかったけど。

コーヒー飲んで、楽しく話して豆を買って帰宅。

帰りにドラッグイレブンに寄ったら、ポイント5倍DAYだけあって、やはり駐車場はいっぱいでした。

晩ご飯は、ありものの食材で、

20090125_02

出汁をとった後の昆布を、砂糖・醤油・みりんで味付けしたもの。

20090125_03

鶏肉、タマネギ、ニンジン、ピーマンでソーミンチャンプルー風のもの。

これでも、十分でしょ。

1/24 雪の降る夜に

20090124_02

積もっている雪を見ると、ついついカメラ魂に火がついてしまい、寒い中を三脚とカメラを持ってでかけてしまいました。

夜の風景は夜にしか撮れないし、溶けるような予感がしたから。

服を着込み、雪が入り込むとまずいのでハイカットの登山靴を久々に履きました。

さっと出せるように、鞄をトートバッグにしたらちょっと失敗でした。

濡れるから地面に置くわけにもいかず、撮影の間手に持って操作の妨げに。

三脚をかついでうろうろしていたから、怪しい人に写っていたかも。

足は冷たいし、ところどころ溶け始めて水たまりになってましたよ。

20090124_03

20090124_04

木の枝に降り積もる雪は、それだけで絵になります。

20090124_05

しんとした公園。

20090124_06

子ども向けの遊具も、雪が降ると違って見えます。

20090124_07

他のものを先に撮影していたら、ごとっと首が落ちてしまった雪だるま。ちょいとシュールかも。遅い時間なのに、カップルが来て別の場所で雪だるまを作って、記念撮影してました。

居酒屋さんの店頭にて。

20090124_08

20090124_09

まだ行った事がないお店ですが、ちょっと親しみを覚えました。

撮影中に気配を感じて振り返ると、女性が自転車を止めて携帯で撮影してましたよ。

20090124_10

工事車両も、こうやって見るといい構図。

2009年1月24日 (土)

雪国

20090124_01

15時から、ディーラーでの車の点検。出発時には、幸い雪はまだ大丈夫。

ちょっと道が混んでいて、20分ほどの遅刻して到着。

手元にある楽譜の、表現記号の意味なんか調べつつ点検が終わるのを待つ。

意外に、早く終わってしまいましたね。

その間にも、雪がどんどんひどくなっていく。

歩行者なんか、頭に雪が積もってすごい状態。

練習行って、帰れるのかと思いながら福津へ車を走らせる。

どっちにしても、メール会員になっているスタンドでガソリンをいれるつもりだったから。

ゆっくりしたスピードで、ようやくスタンドに着く頃に、練習中止のメール。

理事の後輩からは、トランペットパート内で連絡まわらなかったらいけないからと心配の電話まで来ました。

ガソリンを入れて、フローリッシュブラスのメンバーに電話をして練習があることを確認。

いったん家を目指します。しかし、雪のせいで非常に混んでいてなかなか進まない。

大通りに出るまでは、雪でタイヤが滑るのが感じれるほどでびびる。

国道3号線に出ても、神経使うし非常に疲れました。

通常の3倍、約3時間をかけて帰宅して、コルネットを部屋に取りに行ってから南市民センターへ。

次の定期演奏会でメインの、某組曲を合奏中。

なかなか、やりがいがありそうです。

本番どのパートを吹くか、謎ですけどね。

「本番どのパートかをあてる、トトカルチョでもする?」

なんて冗談も出るくらいです。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓