« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

いよいよ、明日から

会社のとあるネット業務のサービスイン。

急遽システムのMりさんにも来てもらう事になって、朝から飯塚の工場へと。

渋滞のおかげで都市高速と八木山バイパスを使った割には早くはつかなかったけど、時間内になんとかいける説明をつけられたと思います。

イレギュラーなことが起こりさえしなければ、業務は流れて行くはず。

12時過ぎに工場を出発して、少し遅めに昼食。

14時過ぎに帰社して、慌ただしく経営方針発表会、そして懇親会。

ビールもあったけど、それには手を出さずにお茶で出されたオードブルを食す。

絶対、残業するのは目に見えていたから。

終礼後も、もくもくと仕事。

HP製作会社からの構成がなかなか出ず、とにかく待ち時間が長い。

その間にやることがあってよかったが。

22時過ぎても、連絡がない。テストページを見ると、少しずつ修正の後が見られるのだが。

電話してもつながらないし、気になるところが2カ所だけだったので、メールで指摘をいれて帰宅。

5時間の残業で、さすがにへとへと。

夕方に食事みたいなものをとったので、帰りにコンビニでパンを買って、コーヒーを入れて食べる。

食後のデザートは、間もなく発売の新商品。

カラメルのような甘い香りに感じたのは、これだったのか〜と思いつつ食べました。

コーヒーにもぴったりな気がします。

明日も、午前中は気が抜けないな。

2009年9月29日 (火)

頑張った

朝から、飯塚の工場へ。

10/1スタートのサービスの、作業打ち合わせで。

前に簡単な説明をして、なんとなくはわかっているようだけど、わかったようなわからないような、そんな状態だというから、流れを想定しての説明。

つくづく、自分がPC得意でよかったと思う。

ほんとにシステム的な事になると知らない事は多いが、ソフトを活用して流れを考えるのはできたりする。

メールで通知が来るものは、メールソフトの振り分け機能を使ってチェックしやすくしたりね。

10時少し前に到着して、12:30までお二人に説明。

その後、メールの振り分けルールの設定をして帰りました。

陶花に久々に行きたかったけど、車がとめられずに断念。

定食屋さんで食事をして、郵便局に寄るために篠栗を通る。

思いのほか道が混んでいて、時間がかかってしまいました。

帰社後もいろいろやって、いったん心療内科へ。

最近のこと、ちょっと先にやろうとしていること、仕事のことやら話して再び会社へ。

抜けた分の1時間を差し引いて、残業つけて帰りました。

ちょいと悩ましい部分があるんですよね〜。

発生件数は低いと思うんだけど。

2009年9月28日 (月)

今日から現実

夢のような一日は明け、がっつり仕事ですよ。

朝は、営業との合同ミーティング。

10/1スタートのサービスについて、一言発言の機会がありました。

常務から「○○君が頑張ってやってくれてるから…」という、ありがたいお言葉も。

ああ、言っちゃった。スタート遅れるわけにはいかない。

明日、工場に打ち合わせに行って、作業面でほぼOKだったら、えいやでオープンさせてもなんとかなるだろう。

いろいろとやりながら考える部分は出てくるだろうけどね。

マスクをしている人が2人、そして僕は少し声が枯れている。

「みんな、体調大丈夫?」と常務に心配されましたが、昨日遅くまで飲んでいたので、おそらく酒焼けですなんてことは口が裂けても言えませんでしたが。

しっかり残業して、明日の目処をつけてから退社。

2009年9月27日 (日)

祝杯

祝杯

無事に、演奏会終わりました〜。

【追記】

朝は、余裕を持って会場のももちパレスへ。

受け付け回りの残りの準備とか、やることをやってリハーサル。

例年にない趣向なので、なかなか時間が押してしまいました。

慌ててお弁当を食べて、プログラムへのチラシはさみをやって写真撮影。

本番当日、時間が経つのはあっという間です。

第一部、P.スパークの「HYMN OF THE HIGHLANDS(ハイランド讃歌)」全曲演奏。

ソロも多い曲で、最初の「ARDROSS CASTLE」は、ステージの上手下手の見えないところでソリスト(テナーホーン&バリトンホーン)が冒頭で演奏。

美しいメロディーに、ついつい聴き惚れてしまいます。

2曲目はユーフォ二ウムのソロで「SUMMER ISLES」。I手口さんが、いつもなながらに素晴らしいソロを。名人芸の世界です。僕らは一曲まるまる休みでした。

3曲目の「FLOWERDALE」は、ソプラノコルネットのソロ。

なかなか難易度も高いのですが、Gルが練習も含めて最高の出来で、ブラボーでした。

この間のアンサンブルでやったり、秘密特訓が功を奏したりしたようです。

「STRATHCARRON」は、剣の舞なので、勇壮な曲。

しかしながら、高音から低音までユニゾンで細かいパッセージを吹くという、吹奏楽で言うなら「フェスティバル・バリエーション」のような曲。

客席で、きちんとユニゾンに聞こえていたかな。

「LAIRG MUIR」は、コルネットソロ。プリンシパルのEがさんが、ぴしゃりと決めてくれましたよ。

派手さはないけれど、それを聴かせるのは音楽性ですかね〜。

「ALLADALE」は、フリューゲルホーン、テナーホーン、バリトンホーンのトリオが主役の曲。

イギリスチックな、郷愁を誘うメロディーが素敵です。

3rdコルネットにも、音が低めだけど後半にそのメロディーはまわってくるんですよ。

びっくりしたのが、素早い譜読み、音楽的な解釈、冷静沈着な演奏で、「サイボーグか!?」みんなを唸らせているNょんが、不調だったこと。

後から本人が言っていたけど、「前に出るのは向いてない」とのことでした。

彼も、人間だったのだ。

最後は、「DUNDONNELL」。終曲にふさわしく、勢いのある曲です。

焦ったのが、場面が変わるところでちょいと指揮が迷走してしまい、何小節目かわからなくなったところ。

止まるか?と思ったら、リピアノ・Pんちゃんが思い切ってファンファーレの口火を切ってくれ、プリ・Eがさん、ソプラノ・ゲルもそれに続き。

さて、3rdの私めはどのタイミングで、と2ndの気配をうかがいつつ、せーので入ったら同じタイミングでした。

かみ合ってよかったです。

本番でテンポがあがることが多いのに、逆にちょうどいいくらいに遅くなって、もたれずに歌えるくらいでおさまって良かったと思います。

二部は、6曲。

喜歌劇「こうもり」序曲、歌劇「イーゴリ公」より だったん人の踊りが頭と最後。

間には、コラール・マーチ・ジャズともりだくさん。

やらかしてしまったのが、まずはコラールの「I'LL WALK WITH GOD」。

9小節の休みを数え損なって、4小節分落っこちてしまいました。

どうも、同じパートのYまちゃんもつられて落ちた模様。すまぬ。

それから、「小フーガ ト短調」。

1フレーズ目を終えて、数え間違えもせず次を吹き始め。

あれ、テンポがずれてると思ったらわからなくなって落ちました。

バックロウ、みんな一緒に落ちていたような。あたた。

おいしいフレーズも吹けなかったので、悔しい。

アンコールもお客さんから拍手をいただき、しっかり2曲演奏しました。

これまでで、一番よかったんじゃないかと思います。録音・録画を見たり聴いたりするのが楽しみだ。

20090927_01

今回も、街の珈琲屋さんチームが来てくれて、花束をいただきました。

20090927_02

そして、アンプラグドの常連・Mさ君がお母様と見に来てくれていた模様。

花束を差し入れをわけるときにもらって、わかりました。

「州風さん、人徳だね。普通、行くってその場で言っても本当に来る事少ないよ」とEがさん。ほんと、ありがたいっす。

旧姓Y田さんの双子のお嬢さんたちが来てました。

お母さんが美人だけあって、可愛くってみんなの人気者。

知らない人ばかりできょとんとしてましたが、同じ顔に見つめられると、合わせ鏡を見ているようで不思議な感覚。

M本さんのお子たちが遊んでいるそばに、おばあちゃんとおぼしき女性が。

M本・妻のお姉さんが高校の部活の2つ下の後輩で、彼女が染織の勉強をするために福岡を出るきっかけを多少なりとも僕が作ったようなのでお詫びをば。

「実は、たまたまキャナルでばったりあって、そういう学校があるの教えてしまって。あんな面白い子なら、もっと仲良くしておけば楽しかったと思います」と言ったら、

「そうだったら、あの子も福岡に残ってたかもしれませんね」というお言葉をいただきました。

予想もしない言葉にびっくりしましたけど、彼女は可愛かった。

意外にも、結婚したのはここ数年だし、いろいろなことやったようで、いつか話を聞いてみたいもの。

終わって、楽器の返却。人が増えたせいから楽でしたね〜。

一度帰宅してからバスで出発。

港にある、すし幸のビアガーデンでうちあげ。

2時間たっぷり、飲んで食べてしゃべりました。

そして、「大人の遠足行くひと〜」というI西宴会部長の声にのり、西新での二次会に参戦。

全員は来れなかったけど、さらに盛り上がりましたよ。

明日のことを考えて、25:30くらいに退散。

2009年9月26日 (土)

本番前日

いよいよ、明日。

まだファミレスでうだうだしてますが。

【追記】

出勤扱いにして、フルに仕事。

お昼は遅めにクッチョロへ行って、ウクレレを見せてきました。

チューニングは狂ってるし、指が動かなくてきちんと聴かせられなかったのがね~。

楽しいランチでしたが、定時であがることができなかったしくたくた。

帰宅してちょっとだけ休んで、ももちパレスへ。福岡フローリッシュブラスの、第9回定期演奏会の前日練習です。

ちょうど、合奏が始まって少しくらいだった模様。

初の、照明を使う演出があったりして、楽器を吹く時間はいつもより少なめ。

ちょいと、ホールの感覚をつかみきれてないなあと思います。

終わって、すぐに帰ることになるかと思ったら、食事に行く話が。

「州風さん、晩御飯行きます?」とKるちゃん。

Iにゃんも来るというので、一緒にガストへ

明日が本番というのに、結構な人数で遅くまで食事して、お喋りしてましたよ。

帰りは、南方面の野郎どもを送ることに。

遠回りでも、かわい子ちゃんを送っていくほうが、楽しいんだけどね~。

どうも、この野郎どもとはテンポがあわなくって。

いいやつらなんだけど。

どっと疲れて帰宅。

2009年9月25日 (金)

出勤決定

昨日の夜頑張ったし、今日もやってたのですが、先方の都合で飛び込み仕事が結局終わらず。

中途半端な引き受け方で、状況をよく把握できていなかったのもまずかったのだけれども。

10月1日スタート予定のサービスの準備でてんてこまいなのに、きっつい。

明日は、出社する事になりました。

中途半端に出ても手当がつくわけでなし、フル出社扱いにして別の日に休みましょうかね。

ストレス、溜まるなあ。

明日は、リハーサルのために休みをいれていたのに。

2009年9月24日 (木)

バリ残業

仕事、立て込んでおります。

10月1日スタートの仕事の大詰め。そして、月曜日に渡さなくてはいけない某媒体の広告作成。

いくら頑張っても、時間はかかります。

5時間の残業をして、帰宅しました。

会社に14時間くらいいるわけですから、正直苦痛です。

P秀なら10時始業でしたけど、8:30には会社にいるのだから、10:45になった時の感覚はかなり違います。

土日休むために、明日はもっと頑張らねば。

2009年9月23日 (水)

本番直前練習

某所で、福岡フローリッシュブラスの定期演奏会・直前練習。

15時くらいから音だしスタートして、合奏は16時くらいから。

細かいところをつめて、まだまだ色々な発見があります。

終わって、前日・当日の連絡事項を確認して解散。

さすがに、明日のことを考えて晩御飯を食べには行かず帰宅。

仕事も山場、演奏会に出演できない事態にならないよう、進めなくては。

次の日曜日・9月27日(日)14:00~、ももちパレスで福岡フローリッシュブラスの第9回定期演奏会が開催されます。

入場無料ですので、是非ご来場ください。

2009年9月22日 (火)

人酔い

今日も博多駅。

しかも、集合時間は7:50と早かったのですよ。

聞いたところによると、昨日は昼からずっと忙しかったらしいのですが、午前中はそれほどでもなく。

いつも、会社の作業ではツッコミ入りまくりのE主査が大活躍をしていたそうです。

もしや、いつものは仕事を減らすためのフリなのか?

しかし、今日は夕方から人がとても多くなり、やっぱり忙しくはなりました。

注文の品が多い事より、人が多くて台車と一緒に移動するのがやりづらいのが疲れます。

ちょっと、人の多さに酔ったような気もします。

明日は練習あるけど休みは休みだし、ご褒美的に、ちょっぴりアルコールに酔いに今から行こうかな。

2009年9月21日 (月)

アンサンブル

ちょっとはゆっくり起きて、11:30には大橋駅へ。

福岡フローリッシュブラスのメンバーと、今年より開催の「アンサンブル・フェスティバル」に参加するため。

会場は、春日市ふれあい文化センター・スプリングホール。

これ、有料イベントだったんですね。行って初めて知りました。

出演は全15団体、編成は色々です。

うちは、英国式金管バンドの半分ほどの編成で指揮者なし。厳密にいうとアンサンブルではないのですが。

初めてのイベント、会場は勝手がわからないし、運営もあたふたしていたような。

演奏は、無事に終わらせることができました。

昨年の定期演奏会でやった曲があり、僕もソロがあったので緊張しましたけどね。

終了後は、南市民センターで練習だったので、Iにゃんと新顔のK瀬さんを乗せて移動。

かなり、ハイテンションな車中でした。

練習は、細かいところをつめてやりました。

次の日曜日は演奏会。いろいろ、ぎりぎりでも手直しはできるものです。まだまだ~。

帰りは、少人数で晩御飯を食べてから帰宅。

明日の仕事、頑張ろ。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓