« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月21日 (木)

そんなん言われてもな~。

20100121_01

先日納品したパネルのできについて、一言あり。

「画面ばかり見てないで、自分が作ったものが現場でどうか見てこんね」と。

ぎりぎりに発注されて、納期優先でえいやでOKを出したので、不安はあったのは事実だけど。

ついでに、「昨日、立ち読みしよったろ。俺達営業が走り回りよったのに」との一言も。

会社にいたら、「終わったら早くあがってね~」と言われるし、身体もだるいからとっとと帰ったのだけど。

退社後のことをとやかく言われるのはかちんとくるが、気持ちはわからなくもないので、言葉を呑む。

お昼を食べたら、妙に気になるから出かけることにしました。

しかし、博多駅に着くくらいのタイミングで、16:30から打ち合わせをやるからと帰還命令。

天神の百貨店と近くの直営店も見るつもりだったけど、博多駅だけを見て回りました。

ほぼ昨年のものを元に作ったのに、どれがまずかったかと思えば、直営店の壁用に最後に作ってもらったものが上下に入れた帯が広すぎる。

目立つのは目立つけど、設置場所を考えると商品名ロゴや写真を大きくするほうがよい感じ。

心療内科に行って、帰宅してカレーを作って食べました。

結構水分がとんで、火の通りがいまひとつだったかもね。

半熟卵をのせてみました。

2010年1月20日 (水)

季節商品発売日

20100120_01

桜にちなんだ商品の発売なので、縁起担ぎにピンクのネクタイをして出社。

誰もつっこんではくれなかったけど。

晩ご飯は、冷凍しておいたみりん干しを焼いて、味噌汁とともに。

盛りつけたときに上になるほうから焼く、と書いてあるのをよく見るのだけど、そうするとどうも身が崩れてしまう。

2枚あったから、それぞれ皮からと身からと焼く順序を変えてみたけど、きれいなのは皮を先にやいたほうかな。

5分ほど焼き網を熱してはみたので、いつもよりましだけどくっついてしまう。

酢か油を塗る、というのは試してないけど。

まあなんとか、一口コンロで料理して生きてますよ。

2010年1月19日 (火)

コンサルタント

20100119_01

朝は、突然の来客。

昨日の夕方会社に戻ったときに、「明日の11:30くらいに、お邪魔したい」という伝言メモは残っていたのだが。

OKかどうかも確認しないまま、普通来るかな…。

むっとして対応。

特殊印刷のできる機械の説明をされる。

印刷についてはそこそこ詳しいので、僕は聞いてもわかるけれど、最近の商品やパッケージをみてもそれが必要な要素は思い浮かばない。

資料のほうも、技術を説明するにはいいかもしれないけど、食品的にはちょっとぴんと来ないものである。

そして、次に取り出したのが卓上カレンダー。

一月もこんなにすぎて、カレンダー?というところだが、デザインもいまひとつ。(あくまでも、僕の趣味で)

黙っていられなくて、

「これで、注文したくなりますか?」とツッコミみをいれてしまった。

印刷会社であるから、できないことを除いて自社でつくっているはず。

単純に、慣例で作って配るものでなくて、自社プロモーションツールでなくちゃもったいない。ゴミ箱直行になるだけだ。

「新しいデザイナーも入って、育てるために作っている意味もあります」という答えを聞いて、いろいろアイデアが浮かびました。

・月ごとに別々のデザイナーにデザインさせているなら、イニシャルでいいからネームいれてあげては?
 もらったほうも、気に入ったデザインがあったらこの人に、て選びやすいし、デザイナーのほうも、自分のネーム入っていたら責任感もわくし、自分の作品をアピールできてモチベーションもあがるはず。

CDケースに入れるタイプだけど、机の上で場所をとるから別の形態がいいのでは?自社で型抜きや折れ筋加工ができるなら、ケースも紙で作って、自社内で作っている説明をいれるとか。(印刷会社も、特殊加工を外部に委託する場合はよくあります)
全部紙だと、リサイクルの観点でも分別は楽。

特殊印刷を贅沢に使っているのだから、その説明を入れては?
片面印刷なら、隅に文字で印刷の種類をかけばいいし、裏面に刷れるのなら、モノクロでもいいので絵柄と、どの部分にどの印刷が使われているかの詳細な説明を入れるとか。

書き込みのできない卓上カレンダーを、果たしてお客さんが置いてくれるのか?
机の上に、二つ以上のカレンダーを置くことはまずない。置いてもらうためには、よっぽど素敵な絵柄か、使い勝手がよくないと使ってもらえない。どうせ作るなら、書き込みができることで使ってもらうか、徹底的にビジュアル重視で思わず飾りたくなるものを作るのか。大きさや足の形状とか徹底的に企画を練ってもいいのでは?企画立案のトレーニングにもなりそう。

かなり好き勝手言ってしまいましたが、なんだかいろいろアイデアが出てきました。

これ、お金とろうと思ったらとれるアドバイスじゃないのかな。

普通は、こんなことわざわざ言ってあげないだけかもしれないけど。

悪い人じゃないけど、忙しいの知っていてアポなしで来るし、あんまり仕事をしたいとは今のところ感じられず。

仕事能力に関しては、未知数ですが。なかなか新規の取引は難しい。

晩御飯は、時やさんで野菜と味噌を買い、家にあるものと組み合わせて作りました。

大根サラダは、レモンをたっぷりかけてあっさりいただきました。

普通に切ってもいいけど、かつらむきの練習をしてみました。

意外にできるかも。

20100119_02

そして、豚肉、大根、ニンジン、ジャガイモ、タマネギで豚汁風に。

たっぷりの味噌を入れて仕上げました。

これが、なかなか絶品。

大根以外の野菜は、時やさんで買ったもの。それがよかったのか?

あとは、合わせの味噌の味がかなり好み。

大豆、米、麦、麹、食塩だけの原料の味噌。

普段買っている味噌だと、これにアミノ酸とかいろいろなものが普通に入っているのです。

この旨み、余計なものがないのもあるのかな?

佐賀の「手づくり工房 坪や」というところの味噌でした。

500gで380円。そこまで高くないと思うんですけどね。

2010年1月18日 (月)

調子でないな〜

土日と、あまりにも仕事から遠い状態にあったので、ペースつかめず。

朝一のミーティングでやる気になり、その後の営業電話でやる気をそがれ、午後は個別セミナーへと。

セミナーはよかったけど、1時間と思い込んでいたら2時間とってもらえてて、参考になったけれど疲れました。

とりあえず、明日頑張ろ。

2010年1月17日 (日)

本番終了

朝、仕事をしてから練習。昼食の後にアクロスで演奏でした。
打ち上げも盛り上がり、なかなかの一日でした。
いい報告も聞けたしね。

【追記】

朝は早起きして、会社のHP更新作業。

思いのほか時間がかかって、その後に転居案内のはがきの宛名書き。

フリーソフトでやるつもりが、おもったように行かず、年賀状の返信の30通なら手書きのほうが早いと判断。

それなりに時間はかかり、朝の当日練習には遅刻でした。

さっと流して、ジョイフルでランチ。

Eがさんの車に乗せてもらったら、なんかえらく遠いところに行こうとしている。

「大橋のジョイフル」というからどこかと思えば、もっと近い場所だったからナビして引き返しました。

それから、日赤通りの一本裏道を通ってスムーズにアクロスへ。

思った以上にスムーズに行けて、選んで正解。

ブラスフェスティバルや吹奏楽祭で、真昼間に演奏できるなんて久しぶり。

本番はいろいろありましたが、演奏は無事(?)に。

客席で聞いたら、どんなだったろう。

ミーティングの後に、特別演奏のティモシー・モリソン(Tp)を聴く。

バックを勤めるのは、福岡工業大学の吹奏楽部。

いったい誰?という人も、映画「7月4日に生まれて」のソロを吹いたトランペッターといえば、音は頭に浮かぶのではないでしょうか。

ハイトーンや超絶技巧的なことはやらなかったけど、素敵な音でしたよ。

楽器がBb管でなくC管を使用していたのも少しはあるけれど、あの明るく柔らかい音はいいですね~。

最後に吹いた「アランフェス協奏曲」は、フリューゲルホーンを使用しての演奏。

元はクラシックギターの協奏曲で、映画「ブラス」でも登場人物のグロリアが腕試しをされるときに吹いていた曲です。

ドラムが耳につくアレンジと演奏ではありましたが、ソロは素晴らしい。

いつの日か、フローリッシュブラスでも演奏する日が来るのかな。

一度帰宅して、片付けてから打ち上げ会場へ。

席が、ロブ(オーストラリア人、元大学教諭)と同じテーブルに。

ある程度日本語は理解する人だけど、頑張って英語でコミュニケーションをはかってみました。

かなりの親日派であるロブ。箸を上手に使うし、ウイスキーやスコッチより日本酒が好きだというし、マグロ(赤身)とヒラメ(白身)だったらヒラメが好きだけど、一番好きなのは「ブリ」という。

恐る恐る年齢を尋ねると、「Guess(考えてというような意味らしい。Nっしーに教えてもらいました。)」

73歳というから、びっくりですよ。

そうそう、おめでたい報告というのは、団内カップルが一組、ついに7月に結婚するということを、ミーティングで聞かされたのでした。

ちょっと遅れて打ち上げに登場した姿は、二次会の新郎新婦て感じでしたよ。

ロブもそのことを聞いて、喜びつつ

「ガンバッテ」と激励していました。片っ端から相手がいる人をつかまえて、「君も今年かい?」てなことを言っていたのには苦笑いでしたが。

ロブにつきあって、日本酒をよく飲みました。

4時間ほどの、打ち上げ&新年会が終了。

あまり飲んだ気分じゃなかったので、アンプラグドに寄り道。

小樽ワインとコーヒーをいただきました。

店の前の駐車場で、移動していたEがさんの車を発見したのには驚きです。

お店には、韓国人のSホとそのご友人。そしてバスケつながりの日本人女性。

Tくさんを交え、歴史の話なんかしていたら、奥州を「おくしゅう」と言ってみたり、仕事は元々百道だけど今の期間は○○で働いてますというのに「SE?]と言ったら相当驚かれたりと、ちょっと面白い子でしたね。

遠く柳川から来られていて、終電が~と慌てて帰られました。

みんな帰って、ゆったりした後に帰宅。

2010年1月16日 (土)

いろいろ

あっという間の一日

【追記】

昨晩は、遅い時間にアンプラグドへと。

そのまま閉店時間までいて、小腹がすいたから、マスターTくさんと常連さんと三人で屋台に行って、ビールにおでんに熱燗、ラーメンで締めて帰ってきました。

楽しかったけど、結構起きるとだるい。

掃除や洗濯やってたらお昼。

クッチョロさんへと。

なぜか、M田さんとまた一緒になってしまいました。

ランチのオーダーストップ時間近くに行ったので、そのままおしゃべりに。

ついつい、長居してしまいましたね。

ちょいと会社で仕事をしてから練習へと。

明日の本番に向け、しっかり合奏でした。

晩御飯は珍しくリンガーハットへと。

2010年1月15日 (金)

ふぅ〜

週末です。

ゆっくりしましょうかね。

日曜日は、ブラスフェスティバルの本番&新年会もあるから、そこまで休めるわけじゃないけど。

2010年1月14日 (木)

老化現象

20100114_01

昨晩は楽しく飲んで、遅く帰ってきてしまったからゆっくり寝るつもりだったのに。

意外に早く目が覚めてしまう。

シャワーを浴びて、しっかり目覚める。

ふと思い出して、眼科へ。

最近、疲れ目がひどくて視力に不安を感じているのでした。

初めて行くところで、視力検査や眼圧と近視や乱視のチェックなんかを。

で、先生の検診。

機会の測定の結果、ごくごく軽い近視の気が。

そう、極端に言ってしまえば老眼の極々初期と言えなくもないもの。

アラフォーにもなってくると、目が固くなってきて、ピントが若い頃と比べて徐々に合いにくくなってきているらしい。

ちょうど変化したくらいで、慣れてないから目が疲れやすいのでは?とのこと。

一応、目薬を処方してもらう。

銀行に行って、使わない通帳の口座解約。

家に戻ってからは、生命保険やカード会社へ住所変更の通知。

意外に時間がかかって面倒なものである。

午後に、ガス会社にコンロをチェックしてもらうが、問題なし。

修理をしてもらおうと見てもらうときに限って、問題がでないものである。

15時くらいに、会社へ出社。

休みだけど、今日チェックしておかないととても間に合わないので。

18時過ぎまでしっかり仕事してしまいました。

買い物して帰って、料理を。

豚肉に塩コショウして、レモン汁をかけてレモンスライスをのっけておく。

しばらくおいて、もやし、ホウレンソウとともに炒めて、最後に軽く醤油をかける。

レモンの酸味が結構きいてあっさり。

塩コショウをもってきかせても、全然問題ないですね~。

2010年1月13日 (水)

明日は休みっと

20100113_01

二日の出勤の代休。
といっても、ちょっと顔を出さないといけないことあるんだよね。
あれやらこれやら、やろうと思えばやること山積み。
今日は、久しぶりの人が来ているのでアンプラグドへ行かねば。

【追記】

天気予報どおりに、雪がふって寒い一日でした。

今日はある程度で、さくっと仕事を切り上げて帰宅。

やることいろいろで、アンプラグドへ着いたのは22時すぎ。

Kトさんが現れたのは、さらにその後だったからちょうどよかったとは思うけど。

Tきさんもやってきて、さらにH子さんも。

Nぶねえも遅くまでいてくれて、ほんとよく喋りました。

こういう場所があること、有難いなあ。

2010年1月12日 (火)

鏡開き

会社にて、ぜんざいが振る舞われました。

前から予告があったので、昼食は軽めにして15時くらいに。

塩もよく効いているけど、甘〜いぜんざい。

一杯目はよかったけど、二杯目はヘビーでした。

美味しいけどね。

なんだかつかれ気味で、さっさとあがって帰って寝てました。

胃がもたれて、晩ご飯は食べなくても大丈夫そう。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓