« 前日練 | メイン | 魔法がとけて »

2010年9月26日 (日)

無事に終了

無事に終了
こんな夢のような時間、二度とないのかな~。
レセプション開始待ち。

【追記】

朝は7時前に起きて、朝食を作って食べて出発。

西鉄で天神に出て、歩いて福岡銀行本店大ホールへ。

みんなの姿をみつけて合流。

入館証をもらって入館。銀行の施設なので、そういう措置も必要かと。

立派なホールだけど、搬入用のトラックが地下の駐車場には天井が低くて入れない。

地上からスロープを使って降ろし、建物に入れてエレベーターを使うけど、変なところに階段越えがあったりしてなかなかいい汗かきます。

譜面台が折りたたみなのも、ホールの割には残念。

「大講堂」と表示してあるから、位置づけがそんなものなのか。

アマチュアには貸し出しをすることがほぼない、との話も聞いたのでホールでしっかり音出ししたり満喫させていただきましたよ。

1時間合奏をして、早めに11時から昼食・休憩・着替え。

20100926_01

きちんとしたバナー(譜面隠し)を作って、ジャケットも今回作ったので、まるで別のバンドみたい。後は、もっともっといい音楽を奏でられるようになれば。

リハ前に、ミードと廊下であったのでご挨拶。

“Do you remenber me ? I met you two years ago.”

て言ったら、一応覚えていると言ってくれました。

社交辞令でも、嬉しいですね。

一緒に居合わせたAさみんには、

“Hi! I'm Steve.”

と言ってたけど、英語圏のほうだとそう呼ぶのが普通ですね。

クランポンの方もそう呼んでたし。

リハーサルは、次田氏、外囿氏、最後にミード。

いいホール、素晴らしいソリストたち。

いつもより、うまくなったように思えます。

なかでも、ミードは神でしたね~。

バンド全体のサウンドの変わり方が、全然違った気がします。

本番も、なんだか魔法がかかったよう。

社会人バンド特有の、本番の集中力もあるけれどなにかが違ったはず。

あちゃっ、て場面もあったけど乗り越えることができましたよ。

1部の後は、片付けて2部を見る。

ピアニストを入れて、3人や2人で演奏。

疲れで、途中眠くなってしまったけど素晴らしいステージでした。

終わったら、打楽器搬出などで汗をかき、レセプションの中華料理屋さんへと。

レセプションでは、メンバーや顔を知っている関係者とおしゃべりなど。

今回の演奏会自体は、一年以上かけて計画され、本番近いところでFFBにはいろいろまわってきた様子。

関わっている人も多く、この経験ができたのはラッキーなことだし、奇跡的な体験を伝えていってくださいという言葉に、身の引き締まる思いです。

二次会も参加させてもらいましたが、熱い音楽の話ができて楽しかったです。

もっともっと、うまくなりたいなあ。

ちょっと遅くて、明日が心配になりつつ帰宅。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/25121861

無事に終了を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓