最近のトラックバック

 

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

今日も今日とて

29の日に、東京の関連会社の人が出張で来てて、焼鳥屋で仕事のあとに飲み。 三時間近くいて、上の人が多めに出してくれて、1000円ですんだのは良しでしょ。

2012年2月28日 (火)

今更ながら、やっぱりジョブズ

ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した (青春新書インテリジェンス)
林 信行
4413043472

Apple BUの時に、著者の林伸行さんから直々にいただいた本。

ちびちびと読み進めていたのですが、最後に一気に読みました。

林氏の文章もさることながら、描かれているジョブズの経営者としての人物像にはかなり引きつけられてしまいました。

スタッフのモチベーションをあげる気配り、反対に無茶ぶりとも言える高い要求。

一緒に仕事をするのは相当大変だったんだろうけど、一緒に成功することができれば、かけがえのない喜びが得られたのだと思う。

はっきりしたアメとムチ。しかしまわりではムチだらけが現実には多いような気がする。

AppleやGoogleなどのシリコンバレー企業は、「世界を変えるんだ」という意識で取り組んでいるところが多いそう。

日本だと、「もうける、売り上げが同業他社の倍、収益化」的なキーワードが、出てくるそう。

商売をやっている以上、儲けないと存続できないのだけど、壮大な目標、夢みたいなものあるとワクワクするよね。

今の会社で、仕事で、どうワクワクできる?

自分、これからどうなるべき?

自分自身の人生、決断するのは自分自身。

2012年2月27日 (月)

月曜日から、

夕方からの外部との打ち合わせ。テンション高めで、楽しかったけど疲れた。でも、仕事にはこの感じ、必要なんよ。

2012年2月26日 (日)

日直

たんたんと電話番。気持ちの切り替えうまくいかず、合間に他の仕事がほとんどできなかったの反省。 夜はがっつり練習。 晩御飯の時に、モーリス・アンドレ氏(TP)の訃報を聞く。合掌。

2012年2月25日 (土)

ゆっくり

起きての、昼は蓮さんのランチにお初。で、髪を切って、帰宅して、だらだら。 晩御飯作るの面倒で、オフで軽く。

2012年2月24日 (金)

iWest懇親会

まあ、今日も飲んでますよ。

2012年2月23日 (木)

息抜き

定時の後に、3人ミーティング開始。

それぞれスタンス違って、言いたい放題だけど、なんかこれが爽快。

前職では、ある意味これがあたりまえ。

仕事途中に、晩飯行こうか?て言ってアルコールいれつつ、深夜まで仕事も当たり前の世界だった。

タクシーチケットが会社から支給されていたとはいえ、よくやってたね。

残業代、出なくても、頑張れた。

今は、残業つけてもその頃の収入に追いつけていないけども、ビッグブランドネームで仕事できてることだけは、感謝すべきかな。

面倒なので、会社帰りにオフに寄って、常連さん3人とあっていろいろしゃべって帰宅。

明日が飲み会だと伝えたら、帰りにお待ちしてますね〜、だって。

馴染みのところ増えるの嬉しいけど、時間もお金も余裕が欲しいところです。

体力は、いまのところなんとか。

2012年2月22日 (水)

軽く、楽に

ネット上で、知人の誕生日のお祝い書こうと覗いてみたら、すでに書いている人がその子のハッピーなことを加えて書いていた。

そうなんだと、自分もWな意味でおめでとうを書き込んだのでした。

後で、その子からメッセージがやってきまして、ネットとかで公にしたくないから(恥ずかしいそう)、ハッピーな事柄に絡んだ書き込みは消したとのお詫びでした。

僕みたいにプライベート寄りで書いている人もいれば、彼女のように仕事的に使っている人もいる。

僕よりも近しいであろうと思われる感じがしたから、オープンと思ったんだけどね。

長身・色白な彼女は、僕の中では可愛い範囲に入っていて、自分の身長があと5cmあったら、好きになってたかもしれん。(て、言いわけですよね。)

せっかくなので、ちょっとメッセージのやりとりをしてたら、

「州風さんはきっと、押しが足りないのです(笑)。結構コロッといきますよ、つか、いきました(意外と弱いので)。」

なんてコメントが。

自分が可愛いと思える女性に出逢ったときの思考パターンは、

(1)彼氏いないわけないよな。とりあえず、お友達で。
(2)彼氏いたのがわかったら、やっぱりね。アタックしなくてよかった。
(3)どっちにしても、結局友達以上のアプローチできないというパターン。

本気で好きだったら、彼氏がいようが、動くべきなのは、頭ではわかってる。(旦那だったらありえないけど)

本当は、気が多くて、そこまでその人のことを好きか自信がないのかもしれない。

まわりには、素敵な女性が多いと思うしね。みんなタイプ違うけど。

最初から死ぬほど好きなんて、一生に一度あるかないかくらいだから、恋は落ちてから育てればいいのですよ」て、なかなかいいアドバイス。

「女性は好きと言われて悪い気はしないので、巷の女子を浮かれ気分にさせてあげてくださいね。」とも言ってもらえた。

この年でいまさらだけど、友達としての好きは結構口にできるようになってきた。

チャラいわけでなく、いい意味で軽さが出て来たんじゃないだろうか。

飲み会での発言が行き過ぎて、ちょっと雑じゃねとか言われたりね。

2012年2月21日 (火)

ハピバ

アンプラグドで、知り合ったコリアンの誕生日お祝い。楽しいね。

2012年2月20日 (月)

むらむらと

20120220_01

「むらむらする」て言葉、「欲情する」という意味での使われ方しかされてないような気がする。

「抑えがたい感情や思いがわき起こるさま。」というのが、辞書的な意味には含まれていたけど、性的なことは書かれていない。

ネットで「むらむら」て検索すると、性的な感じが多くヒットするのは、そういう使われ方が多いからだよね。

昨日の帰りの車中にて、

「Facebookの友達に料理女子がいて、よく自分で作った料理の写真を投稿してるんだけど、見てたらむらむらと料理したくなるんだよね。」

「え、州風さん、その料理女子にむらむらしてるんですか!?」

こらこら、と思える返しに笑いましたが、どちらかというと「料理女子萌え」でなく「料理女子燃え」。ライバル心というか。

かなり手際よく作っているようだし、質問したら作り方教えてくれるし、自炊のヒントには、なってますな。

ご本人の名誉のために補足しておきますと、がんばり屋さんで色白な素敵女子で、魅力がない人ではありませんので。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓