« ハピバ | メイン | 息抜き »

2012年2月22日 (水)

軽く、楽に

ネット上で、知人の誕生日のお祝い書こうと覗いてみたら、すでに書いている人がその子のハッピーなことを加えて書いていた。

そうなんだと、自分もWな意味でおめでとうを書き込んだのでした。

後で、その子からメッセージがやってきまして、ネットとかで公にしたくないから(恥ずかしいそう)、ハッピーな事柄に絡んだ書き込みは消したとのお詫びでした。

僕みたいにプライベート寄りで書いている人もいれば、彼女のように仕事的に使っている人もいる。

僕よりも近しいであろうと思われる感じがしたから、オープンと思ったんだけどね。

長身・色白な彼女は、僕の中では可愛い範囲に入っていて、自分の身長があと5cmあったら、好きになってたかもしれん。(て、言いわけですよね。)

せっかくなので、ちょっとメッセージのやりとりをしてたら、

「州風さんはきっと、押しが足りないのです(笑)。結構コロッといきますよ、つか、いきました(意外と弱いので)。」

なんてコメントが。

自分が可愛いと思える女性に出逢ったときの思考パターンは、

(1)彼氏いないわけないよな。とりあえず、お友達で。
(2)彼氏いたのがわかったら、やっぱりね。アタックしなくてよかった。
(3)どっちにしても、結局友達以上のアプローチできないというパターン。

本気で好きだったら、彼氏がいようが、動くべきなのは、頭ではわかってる。(旦那だったらありえないけど)

本当は、気が多くて、そこまでその人のことを好きか自信がないのかもしれない。

まわりには、素敵な女性が多いと思うしね。みんなタイプ違うけど。

最初から死ぬほど好きなんて、一生に一度あるかないかくらいだから、恋は落ちてから育てればいいのですよ」て、なかなかいいアドバイス。

「女性は好きと言われて悪い気はしないので、巷の女子を浮かれ気分にさせてあげてくださいね。」とも言ってもらえた。

この年でいまさらだけど、友達としての好きは結構口にできるようになってきた。

チャラいわけでなく、いい意味で軽さが出て来たんじゃないだろうか。

飲み会での発言が行き過ぎて、ちょっと雑じゃねとか言われたりね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/27982119

軽く、楽にを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓