« 週末台風 | メイン | 健康診断前夜 »

2017年10月29日 (日)

Black Dyke Band

昨年の東京に引き続き、本日10/29(日)15:00から北九州市立 響ホールで開催される、2017 北九州国際音楽祭の「ブラック・ダイク・バンド」の演奏会に行ってまいりました。

お昼に天神で待ち合わせ、車に乗せていただいて北九州へ。

20171029_01_6

途中でお昼を食べて、無事に到着。

開場まで、余裕を持っての到着。

ホール前で待っていると、結構メンバーが目の前を通ってびっくりですが動けませんね。

開場して、とりあえずCDとポロシャツを購入。

20171029_02

売り場に、メンバーの一人とサポートと思われる方々。

英語しか話せない人が売っているだから、大変そう。

ポロシャツ、サイズは?と聞くと「Sがぴったり」と言ってもらえたので、それをいただきました。

一応、簡単な英語でやりとり。

ホール、ステージの後ろにも席がある作りなので、ぐるっとまわってステージを眺め、前からもじっくり見させていただけました。

勉強に、なりますね。

演奏は、前回にまけないくらい息を飲むような場面が随所に。

fの壮大さ、pの静寂さ。

素晴らしい一体感、ソロの自由さ。

いったいどこでブレスとってるの? どうしてそんなに細かいパッセージ吹けるの?

いとも容易く吹いているような高音、リップトリル、ベダルトーン、遊び心も満点。

休憩時間に、メンバーが普通にロビーにいたので、購入したCDを持ってプリンシパルのリチャード・マーシャルにサインいただき、写真を一緒にとっていただきました。

コルネットを福岡フローリッシュブラスで吹いている、とお伝えさせていただきました。

こんなにサービスして、時間大丈夫かなと思いながら客席に。

後半、ソロピースが続いて、映画音楽。

1曲削られたのは、休憩時間が長めになったのか、東京への移動があったためか。

アンコールまで、しっかり楽しませていただきました。

終演後、指揮のチャイルズ氏、トロンボーンのベーカー氏、バリトンのカトリーナ、サインいただいたり写真撮っていただいたり。

ほんと、ファンサービスが素晴らしい。

司会の方が言っていたのですが、メンバーにはプロの音楽家もいるけれど、普通の仕事を持っていて、6日間の休暇の間に日本公演をこなし、7日目には帰国して仕事を始める。趣味がここまで高じるの、素晴らしいことです。

バスの中からメンバーが、動画を撮ってくれていました。

福岡フローリッシュブラスのメンバーも、ちょこちょこ映ってます。僕もね。

帰りも送っていただいて、天神で仲間とお酒をいただいて帰りました。

楽しかったなあ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/366090/34090226

Black Dyke Bandを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓