e.t.c. Feed

2006年2月 9日 (木)

エコドライブ始めました

元々、急発進、急加速をしない環境に優しい運転を心がけておりましたが、新聞で「ふんわりアクセル『eスタート』」という記事を読んで、もっとしっかりやってみようと思ったのです。

エンジンの回転数が、2000rpm程度を超えないようにするのが目安。スタート時も、ふんわりアクセルを踏む事で余計な燃料の消費を抑えることができるそうです。急加速して、すぐにスピードを落として、という波状運転とは逆ですね。

実際にやってみたところ、スタート時は今までよりかなりスローに感じます。しかし、じわっとアクセルを踏んでいるに関わらず、きちんと加速してくれるのです。信号が赤になったり、前を走る車との車間がつまってすぐに減速をすることを考えると、平均的には十分な速度が出ているようです。

燃費も10%程度アップする、というふれこみ。自分としての結果はまだです。たまたま給油して満タンにしたばかりでしたから。次に給油して、燃費を計算するのが楽しみ。

2005年12月 6日 (火)

「質量保存の法則」で環境を考える

「質量保存の法則」…「化学反応前後で関与する元素の種類とおのおのの量は変わらない」というやつですね。

学校で習った時に、「こんなもの、覚えて何の役に立つんだ」と思った人も少なくないかと思います。しかし、世界規模でモノや人が移動する現代、世の中で起こっていることを理解する事にも使えると思っています。

「質量保存の法則」を習うのは、中学生のカリキュラム。僕にとっては、かれこれ20年ほど前になってしまいます。その頃に漠然と思ったのは、

「海外から食料やモノをどんどん輸入していたら、過剰なものがどんどん日本に溜まって行くのでは?」

ということ。そうして溜まったものによって、水域の富栄養化を招いたり、処理場所の問題を産むゴミの問題につながったりする。逆を言えば、輸出元ではものが出て行ってしまうのだから、土が痩せたりなどの結果も産んでしまう。「質量保存の法則」だけで解釈するには、大きな内容ですけど。

西日本新聞の朝刊に「食卓の向こう側 第7部 生ゴミは問う」という連載があります。2005/12/5(月)の記事に、

 「このままいけば日本は窒素であふれる」。九州大学大学院農学研究院教授・鈴木宣弘(四八)は、警告する。

 食料自給率が40%の日本には現在、農産物や家畜の飼料が大量に輸入されている。その中の窒素分を、日本で生産する農産物や化学肥料と合わせると、国内には農地で利用できる適正量の二倍もの窒素がある、というのだ。

 窒素はリン酸、カリと並び、植物にとって必要な栄養素。だが、多すぎて硝酸態窒素の形で野菜や牧草に過剰に吸い上げられると、それを摂取した乳児、家畜に血液の機能障害を引き起こす危険性があるとされる。

昔、漠然と思っていたことを、読んですぐに思い出したのでした。

この部分を理解するには、科学の知識が必要になります。高校生までの理科の内容で十分でしょう。そして、この連載の内容を理解するには、社会などの知識も必要になってくると思います。

「学校の勉強なんて役に立たない」という嘆きの声もよく聞くけれど、物事を考える時の基礎に利用すれば、そんなことはないと思います。自分自身が大学まで行って勉強をしてよかった、と思えるのは「考え方を学べた事」です。教科、ジャンルを問わずですね。

子供を持つ親御さんも、学校での勉強に疑問を持つ子供自身にも、この考え方がわかってもらえればいいのですが。

2005年9月19日 (月)

適正・適職診断

イラストレーター・浜竹さんのHPで、適正・適職診断のことを書いていたのでちょっとやってみました。

ニュートラ 適正・適職診断

質問は50問。ひとつの質問に10秒ずつで、ちゃちゃっと回答していくやつです。

そして診断結果は、結構あたっている気がしますね~。


仕事:どんな仕事でもきちんと完成するタイプ
性格:取り越し苦労の慎重タイプ
恋愛:恋に慎重すぎてチャンスを逃すタイプ

守りのタイプ。
攻めるのは苦手ですが、仕事や家庭をしっかり守ります

内向性(ディフェンス型):5
外向性(オフェンス型):1


特に向いている職種は?

会社の総務、事務、人事など管理部門や公務員。スキルを高めれば金融証券関係のアナリスト、ファイナンシャル・プランナー、公認会計士、税理士なども。学校の先生、塾の教師、ピアノの先生もOK。どんな分野でもリーダータイプの人とチームを組むと、大きな仕事を完成させることができます。

2005年8月 9日 (火)

恋愛観

「えっ!州風が恋愛観を語る?」とタイトルを見て驚かれた方も多いでしょ。
残念ながらネタです。ブログでみつけた。

ブログをやってるからには、有名人のサイトも一度は見てみるわけです。「ブログの女王」と評される、眞鍋かをりさんのサイトも外せなかった訳です。

眞鍋かをりさんのサイトはこちら→眞鍋かをりのここだけの話

特別ファンでもなんでもないのですが、読んで面白い。さばさばした感じと、思ったことを素直に書いているところが親近感をもたれて人気の秘密かも。

で、恋愛観について。
眞鍋さんの8月4日のエントリーの中にwebの判定サイトが紹介してあるのですよ。(眞鍋かをりさんとの相性判定付き)

結果はですね、恋愛観レベル 聖人(14段階中2番目)

[総合コメント]
州風さんの恋愛観は、それはもう絶妙なバランス感覚を保っています。州風さんはよく恋愛相談を受けませんか?州風さんに相談すればまるでイチローのように高い確率でヒット(素晴しいアドバイスや名言)が返ってくることが期待されます。ただ、だからといって州風さんの恋愛がいつもうまくいくのかは別問題。妥当な考え方が時として相手をがっかりさせるものです。

と、まあなかなかのスコア。現実はこのコメントの最後のように、自分自身の恋愛がうまくいくかは別問題なんですよね。残念!

ちなみに眞鍋さんとの相性レベルは、「仲良し(相性85%)」だそうです。

kaworiさんのルックス至上主義に州風さんは疑問を抱きます
kaworiさんの恋愛にお金を絡める姿勢に州風さんがうんざりします
kaworiさんという暴れ馬を州風さんは乗りこなせません
kaworiさんの腹の底が読めず州風さんは落ち着いていられません
kaworiさんが州風さんを好きかどうか、疑わしく感じられます
kaworiさんが州風さんを使い捨てしそうな空気が漂います

というコメントが非常に笑いを誘います。

自分もやってみたい、と思ったあなたにお知らせ。州風との相性診断付き恋愛観判定ができますよ。恋愛観判定の後に、相性が表示されるので、別に同性であっても問題ないと思われます。それに、今度はあなたとの相性診断ができるURLが生成されるから、他の人に試すのもいいかもよ。

2005年5月11日 (水)

守ってあげたい系

いますよね?ちょっと頼りない感じで、思わず手を差し延べたくなるような女性。日本人男性には好まれるタイプという話もありますが、僕としてもこの手の女性には弱いです。いつの間にか、あれこれしてあげているような気がしますね~。その割には、次への発展がなく、「いい人」で終わってしまいがちでもあります。

とある女性との会話
♀「Aちゃんて、守ってあげたい系ですよね」
♂「そうだね、本人認めないけど天然入ってるし」
♀「でも、結構頑固なところあるんですよ」
♂「そうそう、それに体育会系だしね。『一見、守ってあげたい系』かな。じゃあBちゃんは?」
♀「実は自分たちの中では一番女の子ぽくて、『ホントは守ってあげたい系』だと思いますよ」
♂「確かに。ズバッとした物言いするかと思ったら、結構ナイーブなところあるよね。じゃあCちゃんどう?」
♀「『ホントは守ってあげたい系』でしょうね」…

女性同士でもこういう見方するもんなんですね。会話の相手はどっちなんだろ。
あれ?そういえば、普通の守ってあげたい系、いないのでは?

2004年10月 6日 (水)

芸は身を助ける

一つの技芸にすぐれていると、困窮したときなど、それが生計の元手になる(「現代国語例解辞典」より)

とありますが、みなさんはいかがですか?助かってます?僕の場合は、「芸はみんなを助ける」という状況のようです。

・ネットでデータを受け取って、データをプリントしたり、CDに焼いたり。データが届かずに待ちぼうけを喰らうこともしばしば。
・「15分くらいいいかいな?」と言われドキドキしながらいくと、その人のPCでExcel操作。ちょっとした数式を入れるだけで、5分程度で終了です。もともと数値が入っていたので、「これはどうしたんですか?」というと「手で入れたんよ」。Excelは表計算ソフトであって、表作成ソフトじゃありませんよ!
・「Wordで行間を詰めたいんだけど、どうしたらいい?」とまた出動です。書式の段落で変更はできるけど、何が目的なのだろう?「紙が無駄になるけんね」それなら段組を設定してあげたほうがいいでしょう。言われた通りにほいほいするのではなく、本当の目的を引き出すのも重要なことだったりします。

という日常なのですが、これで仕事が順調に進めば、会社もうまくまわって給料もちゃんともらえる。何より、その人からは感謝されますからね。まあ、まわりまわって助かっているはずです。

しかし、すぐに直接見返りがあるわけでも、ご馳走してもらえるわけでもない。う~ん。いつか、身を助けることになる、はずですよね。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓