MUSIC Feed

2018年9月14日 (金)

中洲JAZZ 2018

20180914_01

仕事を切り上げて、今年も行ってまいりました中洲JAZZ

20180914_02

遠い! TRI4TH、オンタイムスタートにギリギリセーフ。

と、思ったのだけれど。

20180914_03

聴きたかったの、一曲目やったんか。間に合ってなかった。

20180914_04

次見たいのまで時間かかりましたあるし、喉を潤します。

途中、中洲大通りの他の音を聴きながらキャナルへ。

すでに、人がいっぱいと思ったら、アジアフォーカス・福岡国際映画際のオープニングセレモニーが。

しばし待って、いったんはけてからイン。

転換がスムーズでなく、イスがならんでいる状態では結構前に行けたのに、いったん出てくださいと言われ移動したらちょっと後ろに。

20180914_05

距離は近いけど、ぎゅうぎゅうになって見ました。

JABBERLOOPの盛り上がり方、すごいですね。

最後は、シロクマで締めてくれるというね。

終わった後、あれ?知ってる人?と思える人見つけたのだけど。

あちらもそういう表情してたけど、髪型とか雰囲気とか変わってて声かけれず。

instagramのストーリーに模様あげてたから、間違いないでしょう。

晩ご飯、と思いながらどこに行こうと考えて。

近いので、BigUpさんへと。

20180914_06

たこ焼きに焼鳥と、ドリンク。

お喋りもしつつ、無事に帰宅。

2018年2月17日 (土)

もっと吹いて♪

今日は、練習前にコルネットパートレッスンでした。

お昼に電車とバスで移動して、会場へと。

基礎練習少しやって、曲の練習。

自分なりのバランスで吹いていたけど、「もっと吹いて」と言われる場面が多く。

音量の問題が大きいけど、響いてないとか、タンギングはっきりしてないとか、いろいろかな。

K先生のレッスンと同じように、息をたっぷりつかわなきゃ、て状態に。

代わりにH先生が自分2ndパートを吹いてくれて聴くとか、先生が3rd吹いてくれて自分が2nd吹くとか。

勉強に、なりますね。

夕方からは、合奏。

ちょっと人数少なかったけど、今日の予定曲を。

パートレッスンの効果、出てたかな。

帰りは、ハローでしっかり食べて帰宅。

20180218_01

2017年12月24日 (日)

レッスン♪

夕方からの北九州レッスンのため、ちょっと早めに移動。

しかし、博多駅の周囲は混雑していて、危うく特急に乗り遅れると思いましたよ。

20171224_01

集合場所の折尾駅、工事中で中が迷路みたいで列車を降りてから西口に行くまで大変。

無事に先生と合流して、移動でした。

今日のポイントいろいろあったけど、

・息を吸ったらみぞおちが膨らんで、それをキープする
お腹を膨らませないように、と思いすぎて吸うのが上のほうになっていました。 週一回の楽器練習では身につきにくいので、日常のちょっとした空き時間にやってみるのをおススメされました。

・喉を歌う時のポジションに
息を吸った時ののどの感じ、あくびのどの状態を息を吐く時もキープ。

・4スタンス理論
人によって身体の特製が異なるので、それにあった使い方をしたほうがいいという、スポーツなどでも取り入れられているものだそう。
片足立ちしたとき、膝を曲げて足が後ろに行くAタイプか、太ももから前にあげるBタイプか。
僕はBタイプのほう。Aタイプ身体を伸ばす時に力を発揮し、Bタイプは身体を縮めるときに力を発揮するそうです。

・タンギングはしっかりと
音のスタートはタンギング。息をせき止めている舌が離れる事で音の頭が決まるので、曖昧にしない

・高い音で、唇が離れる感覚を恐れない。ファルセット・トーンから始めても良い
チューニングBbから上に行く時、唇がとじていないとと思っていたのだけど、逆で問題ないという。
シラブルのちょっとした変化で、ひゅっと音がでるけど、頼りない感じがして違うと思っていました。
しかし、それはファルセット・トーンで最初は問題ないとのこと。
慣れてくると、そこから徐々にしっかりした音が出せるようになるそう。

本当はうまく行きかけているのに、自分でうまくいかない方向に持っていっていたとは。

発見がいろいろあり、有意義でした。

帰りは遅くなり、22時くらいにニノカタ・バルさんに晩ご飯へ。

20171224_02

和牛ホホ肉のボロネーゼのラザニアをいただきました。

これも、クリスマスメニュー。

久々な人とも偶然会えて、立ち寄って良かったなと、本当に思います。

偶然に感謝。

2017年11月 5日 (日)

音楽三昧 3/3

連休最終日、かつ音楽三昧最終日。

ウインドアンサンブルプログレスさんの、第7回演奏会を聴きに中央市民センターへ。

20171105_01

一部のステージは、吹奏楽の自分にとって懐かしいチョイス。

大栗裕氏やA.リードもの。

人数も増えて、なかなかハードな曲に取り組んでいらっしゃいます。

そして二部、「Collaborate With You」と銘打って音楽と他のジャンルのコラボです。

マジシャンとの共演、あっと驚きました。テレビ越しじゃないのに、わからない。

平尾のMagic Bar tonariというところで、マジシャンOSAMU氏のショーを拝見できるそう。

サー・デュークで見事なボーカルを披露してくださったのは、高砂のミュージックバーreflexに出演しているvoの後藤さんとE.ベースの中村さん。

ファンキーで、いいですね。

この間も阿蘇で演奏されているの聞いたけど、なんか流行っているのかな?

フラワーアレンジメントとのコラボも。

花に関する曲をバックに、ライヴパフォーマンス。

そして最後、小学生ふたりで、鍵盤ハーモニカを用いてのラプソディー・イン・ブルーですよ。

なかなか、頑張っていましたね。

度胸あるな、と思いました。

よく、こういう企画を思いつくと、感心いたしました。

昨日に引き続き、知らなかったものを知る事ができました。

それと、人のつながりもですね。

知っている方にもたくさん会えて、よかった。

帰りに買物して、カルボナーラを作ってみました。

20171105_02

生クリームは使わなかったけど、牛乳とチーズは使ってね。

手に入りやすいとろけるチーズ使ったからか、コクと塩っ気が足りない感じだったけど、初めてにしては上出来でしょう。

明日から仕事、頑張ります。

2017年11月 4日 (土)

音楽三昧 2/3

昨日に続いての、音楽活動。

練習を休んで申し訳ないけど、お世話になっているバーのマスターが出演するので。

20171104_01

行く前の腹ごしらえは、櫛田神社へと。

博多ライトアップウォークの関連で、「櫛田にぎわい広場」と称して屋台とステージイベントがが。

20171104_02

いつもお世話になっているTuttiの大将がやっている、沖縄情熱屋台「ちょうちん」も出店しているので。

20171104_03

肉トーフ、いただきましたよ。

櫛田さんの境内に屋台、というのが驚きなイベント。

また驚きなのが、5店中他の4店は新規の屋台さんということ。

この間ので、新規で出されたところ、廃業されたところ、場所も変わっている屋台いろいろです。

冷泉公園の並びにあったのも、他のお客さんの話だと移転して模様です。

ちょっと、寂しくもあり。

さくっと流して、天神のHEART BEATへと移動。

ずいぶんと久しぶり、地下に降りて行くところは変わらず。

「JASON presents 114(いいし)旅立ち Heaven and Hell 〜病み上がり BLUES、死に損ないの詩〜」というイベントで、出演6組。

色々なジャンルの出演者で、楽しめました。

いつもと違うマスターの姿、全然違うやん、てね。

こういう、ごった煮感は嫌いじゃない。

ワンマンライヴが単独の定期演奏会で、対バン形式が吹奏楽祭などのイベントといったところかな。

普通聞く機会がないことを知る事ができるのが、複数団体出るイベントのいいところ。

ライヴハウスが主催するタイプのイベントを、「ブッキングライヴ」というそうだけど、テーマ決めたり、そのバンドをチョイスするかが腕の見せ所。

吹奏楽でいろいろな団体が出るイベント、日程が決まってて、参加団体が都合のいい日をえらんで抽選で順番が決まる。

団体数が多いから難しいけど、有名団体のところはお客様が多くて、そうでないといない状況になってしまうよね。

特別演奏を設けたり、近年工夫をされているのは見ていたけど、自分らが出演する遅い時間は客席ががらんとしていた。

もう少し、面白いイベントになればな、と思い返すのでした。

音楽、奥が深いよ。

2017年11月 3日 (金)

音楽三昧 1/3

朝から、家の片付けやらやることは満載。

20171103_01

昨日の朝、できたての味噌汁を鍋倒して盛大にぶちまけてしまったので、小さい網をゲット。 前から不安定と感じていたけど、とうとうやってしまったんですよね。

昨晩買って帰って来たので、試して見ると良さげでしたよ。

そして、夕方から外出。

大名のMKホールで、福岡のBackstage Jazz Orchestraと大阪のNew Wave Academy Jazz Orchestraのジョイントコンサート。

それぞれ10曲ずつくらいで、かなりの長丁場。

お腹いっぱいに、なりましたね。

プロじゃないけど、すごく上手い。

何が違うんだろうね。

20171103_02

終わった後は、一緒に行ったメンバーと食事して、楽しく帰宅。

2017年10月29日 (日)

Black Dyke Band

昨年の東京に引き続き、本日10/29(日)15:00から北九州市立 響ホールで開催される、2017 北九州国際音楽祭の「ブラック・ダイク・バンド」の演奏会に行ってまいりました。

お昼に天神で待ち合わせ、車に乗せていただいて北九州へ。

20171029_01_6

途中でお昼を食べて、無事に到着。

開場まで、余裕を持っての到着。

ホール前で待っていると、結構メンバーが目の前を通ってびっくりですが動けませんね。

開場して、とりあえずCDとポロシャツを購入。

20171029_02

売り場に、メンバーの一人とサポートと思われる方々。

英語しか話せない人が売っているだから、大変そう。

ポロシャツ、サイズは?と聞くと「Sがぴったり」と言ってもらえたので、それをいただきました。

一応、簡単な英語でやりとり。

ホール、ステージの後ろにも席がある作りなので、ぐるっとまわってステージを眺め、前からもじっくり見させていただけました。

勉強に、なりますね。

演奏は、前回にまけないくらい息を飲むような場面が随所に。

fの壮大さ、pの静寂さ。

素晴らしい一体感、ソロの自由さ。

いったいどこでブレスとってるの? どうしてそんなに細かいパッセージ吹けるの?

いとも容易く吹いているような高音、リップトリル、ベダルトーン、遊び心も満点。

休憩時間に、メンバーが普通にロビーにいたので、購入したCDを持ってプリンシパルのリチャード・マーシャルにサインいただき、写真を一緒にとっていただきました。

コルネットを福岡フローリッシュブラスで吹いている、とお伝えさせていただきました。

こんなにサービスして、時間大丈夫かなと思いながら客席に。

後半、ソロピースが続いて、映画音楽。

1曲削られたのは、休憩時間が長めになったのか、東京への移動があったためか。

アンコールまで、しっかり楽しませていただきました。

終演後、指揮のチャイルズ氏、トロンボーンのベーカー氏、バリトンのカトリーナ、サインいただいたり写真撮っていただいたり。

ほんと、ファンサービスが素晴らしい。

司会の方が言っていたのですが、メンバーにはプロの音楽家もいるけれど、普通の仕事を持っていて、6日間の休暇の間に日本公演をこなし、7日目には帰国して仕事を始める。趣味がここまで高じるの、素晴らしいことです。

バスの中からメンバーが、動画を撮ってくれていました。

福岡フローリッシュブラスのメンバーも、ちょこちょこ映ってます。僕もね。

帰りも送っていただいて、天神で仲間とお酒をいただいて帰りました。

楽しかったなあ。

2017年9月17日 (日)

楽器運搬・リハーサル

心配していた台風は、南のほうにそれたのでちょっと風雨が強まる時はあったけれど、楽器運搬は無事に行えました。

集合時間を30分勘違いしていて、遅刻せずに済みました。

結果的にはよかったかな。

会場の西市民センターに着いて、18時までの時間は車の中でうとうと。

途中、雨が強くなったりも。

設営を終えてから、合奏。

久々のホールで、耳が慣れないのと緊張もあってか、とちりも多く。

明日は、考えすぎずに吹ければいいのだけど。

台風の心配はなくなったから、お客様がたくさん来て、いい演奏会になることを祈ります。

適度な緊張感をもって、しっかり演奏したいと思います。

2017年9月16日 (土)

直前練習

いよいよ、本番を翌々日に控えた練習。

整骨院に行ったりして、日中を過ごしたけど、ちょっと横になったらなかなか起きれず、早めに行って練習はできなかったです。

合奏には、ちゃんと参加しましたよ。

台風を心配しながら、みんなとご飯を食べて帰宅。

2017年9月 2日 (土)

本番直前

土曜日、今日は仕事は休み。

午前中は洗濯などを行って、午後は整骨院。

夕方からは、いつもの様に福岡フローリッシュブラスの練習です。

20170902_01

9月18日の本番目指して、しっかり合奏。

なかなか、思うようにいかないのですけどね。

終わってからは、みんなと晩ご飯。

20170902_02

肝心の本番情報♪

福岡フローリッシュブラス 第17回定期演奏会
2017年9月18日(月・祝)
14時開演 福岡市立西市民センターにて。

チケット、ご用意できますよ。

お役立ち

  • アンケートモニター登録

    ブックオフオンライン

    リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブックオフオンライン

    ブックオフオンライン

検索窓